ニュース
» 2017年11月24日 08時00分 公開

「憶測に基づいた保守作業」を削減:AIでストレージに発生する問題を予測――日本HPが「HPE InfoSight」を発表

日本ヒューレット・パッカードは、ストレージインフラ管理に向けた予測分析プラットフォーム「HPE InfoSight」を発表した。ストレージ装置に発生する問題を人工知能(AI)によって事前に予測し、保守管理作業を効率化する。

[@IT]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、HP)は2017年11月22日、データセンターのストレージインフラ管理に向けた予測分析プラットフォーム「HPE InfoSight」を発表した。人工知能(AI)を使って、同社のストレージ装置に発生する問題を事前に予測し、保守管理作業を効率化する。

 HPE InfoSightは、同社のストレージ製品「HPE Nimble Storage」および「HPE 3PAR」が備えるセンサーからのデータをネットワークを介して収集、解析することで、ストレージからアプリケーションへの問題を予測する。

 HPは、2017年11月にNimble Storageの統合を完了。HPE Nimble Storageのユーザー企業1万社以上からデータを遠隔収集し、機械学習にかけることで、HPE InfoSightの予測機能を実現させた。

 HPは、「HPE InfoSightの予測分析機能によって、ストレージ装置に問題が生じた際の解決に費やす時間を最大85%削減できる」としている。HPE Nimble Storageは、コアテクノロジーとしてHPE InfoSightを活用した結果、99.9999%以上の可用性を保証しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。