ニュース
» 2017年11月27日 08時00分 公開

診断医の画像診断をサポート:LPixel、人工知能を活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を発表

LPixelは、医療現場の画像診断を支援する技術「EIRL」を発表した。医師によって品質が確保された学習データを人工知能に学習させ、胸部X線、乳腺MRI、大腸内視鏡、病理などの医療画像診断を支援するという。

[@IT]

 東京大学発のベンチャー企業であるLPixel(エルピクセル)は2017年11月24日、医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を発表した。

 EIRLは、人工知能を活用した医療画像診断支援技術。脳MRI(磁気共鳴断層撮影装置)、胸部X線、乳腺MRI、大腸内視鏡、病理などの医療画像診断を支援する。

画像 「EIRL」公式サイトのスクリーンショット

 EIRLの開発に当たり、LPixelは、医師のダブルチェックやトリプルチェックを経て品質を確保したデータを使って人工知能の学習を進めた。同時に、人工知能に少ない学習データで効率的に学習させる技術も開発したという。

 最近の医療現場では、CT(コンピュータ断層撮影装置)やMRIなどによる画像診断装置が普及し、医師は高度な読影スキルを要求されている。その一方で、画像診断の対象となるデータ量は増え続けており、放射線診断医の業務負担の増加が問題視されている。

 LPixelは今後、法務手続きや放射線関連学会での発表を進め、EIRLの医療現場での実用化を目指したい考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。