ニュース
» 2017年11月28日 08時00分 公開

人型ロボット「Pepper」とも連携:AIが住民の質問に回答――IBM Watsonを利用した「自動会話プログラム」による住民サービスが岡山県和気町で開始

岡山県和気町とキャメルは、移住希望者に向けた住民サービス「わけまろくん」を共同で開発した。和気町に関する利用者の質問に対して的確な情報を自動で案内する。開発には、キャメルのIBM Watsonを利用して質問に回答するチャットbot「Edia」を利用した。

[@IT]

 岡山県和気町とキャメルは2017年11月21日、移住希望者に向けた住民サービス「わけまろくん」を共同で開発したと発表した。同サービスの運営は同年11月22日に開始した。

 わけまろくんは、LINEやWebサイト上で動作する対話形式の自動応答サービス。サービスの開発には、キャメルが提供する「IBM Watson」を利用して質問に回答するチャットbot「Edia」を利用した。

わけまろくんの画面イメージ

 わけまろくんは、和気町に関する質問に対して的確な情報を自動で24時間いつでも案内する。同町の温泉施設「和気鵜飼谷温泉」に設置した人型ロボット「Pepper」とも連携しており、Pepperに話しかけると、同様に的確な情報を案内する。

 ごみの分別方法や水道が故障したときの対応、子育てや介護に関する相談など、これまで和気町にあった問い合わせ内容を学習させ、IBM Watsonの機能の1つである「Natural Language Classifier」(自然言語分類)を使って、利用者の質問内容から最適な回答を導く。移住定住者向けの質問を盛り込むことで、定住人口の増加を図るという。さらに自動翻訳機能も備えており、英語での質問にも対応する。

 今後は、蓄積された質問履歴からわけまろくんが答えられなかった質問を精査し、学習させることで、より一層便利な住民サービスを構築するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。