ニュース
» 2017年11月29日 11時00分 公開

オンプレミスとパブリッククラウドのいいとこ取りを実現:運用管理をシンプルに――HPE、従量課金制ITソリューションスイート「HPE GreenLake」をリリース

HPEは、主要ワークロードに対応する従量課金制のITソリューションスイート「HPE GreenLake」をリリースした。

[@IT]

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は2017年11月27日(米国時間)、主要なワークロードに対応する従量課金制の新しいITソリューションスイート「HPE GreenLake」をリリースしたと発表した。当初はビッグデータ、バックアップ、オープンデータベース、SAP HANA、エッジコンピューティング向けのソリューションを提供する。

「HPE GreenLake」の詳細

 またHPEは、オンプレミスITインフラを従量課金制で利用できる「HPE Flex Capacity」サービスを、今回の発表に合わせて「HPE GreenLake Flex Capacity」に改称し、機能を強化した。

 HPE GreenLakeは以下のようなソリューションを提供し、運用管理をシンプルにするとともに、ワークロードの実行場所や利用方法を顧客が選択できるようにした。

HPE GreenLake Big Data

 最新のHPE技術とHortonworksまたはClouderaのソフトウェア上であらかじめ統合され、テストされた「Hadoop」データレイクを提供する。

HPE GreenLake Backup

 HPEのメータリング技術および管理サービスとともに、最新のHPE技術上であらかじめ統合された「Commvault」ソフトウェアを使って、オンプレミスバックアップ機能を提供する。

HPE GreenLake Database with EDB Postgres

 オープンソース技術をベースにしており、オンプレミスで提供される。顧客のデータベースプラットフォーム全体の運用簡素化とTCOの大幅な削減を支援する。

HPE GreenLake for SAP HANA

 顧客のワークロードの性能および可用性目標を満たす、ライトサイジングされたSAP認定ハードウェア、OS、サービスとHPEによって運用されるオンプレミスアプライアンスを提供する。

HPE GreenLake Edge Compute

 顧客のIoT(モノのインターネット)の取り組みを加速するエンドツーエンドのライフサイクルフレームワークを提供する。


 HPE GreenLakeの各ソリューションには以下が含まれている。

  • HPE Pointnextによる助言および専門サービス:ソリューションの定義、デプロイ、統合を支援するとともに、システムとプロセスの継続的な最適化に関するアドバイスを提供
  • 特定の目的に合わせたレファレンスアーキテクチャ:最新技術に基づき、各ソリューションに最適化され、導入効果が迅速に得られるよう支援
  • 実績あるHPE GreenLake Flex Capacityモデルに基づくHPEの幅広いインフラの利用
  • HPE Pointnextによるソリューションのリモート監視および管理
  • エンタープライズグレードのサポートと、HPE Digital Learner(eラーニングコンテンツを提供)をサブスクリプションで提供

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。