ニュース
» 2017年11月30日 08時00分 公開

数千万行のソースコード検索を1秒以内に実施:SRA、ソースコード検索システム「CodeDepot」をオープンソースソフトウェアとして無償公開

創立50周年を迎えるSRAは、同社が開発したソースコード検索システム「CodeDepot」のソースコードを、2017年12月1日に無償で公開する。

[@IT]

 SRAは2017年11月29日、同社のソースコード検索システム「CodeDepot」のソースコードを、GPL(GNU General Public License)ライセンスに基づいたオープンソースソフトウェア(OSS)として2017年12月1日から「GitHub」で無償公開すると発表した。

 CodeDepotは、2009年に販売開始したソースコード検索システム。既存システムの保守やコードの再利用を支援する。オンラインで公開されているオープンソースのコードも検索可能だ。

画像 CodeDepotのインタフェース(出典:SRA)

 ソースコードの構文解析機能も備え、コードやコメントなどを区別したキーワード検索が可能。クラスや関数定義、関数の呼び出しなどの構文を考慮した検索もできる。

 類似したコードの検索も可能で、クローンコードや類似バグ発見にも役立つという。検索可能なプログラム言語は、Java、C/C++、C#、VB.NET、SQL。GitやSubversion、CVS、IBM Jazzといったバージョン管理システムにも対応する。

 SRAは、1987年からGNUプロジェクトを支援。オープンソースのデータベース管理システム「PostgreSQL」の開発コミュニティーに参画するなどOSSに携わってきた。

 同社は、2017年11月に創立50周年を迎えたことで、CodeDepotの基本機能に関わるソースコードの公開を決定。オープンソース化を通じて、CodeDepotの改良を重ねたい考えだ。なお、同社は商用版のCodeDepotも引き続き販売する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。