連載
» 2017年12月06日 05時00分 公開

SQL Serverトラブルシューティング(61):SQL Server 2016でSP1をアンインストールしたら起動しなくなった(インストールトラブル) (1/2)

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は、「SQL Server 2016でSP1をアンインストールしたら起動しなくなった」場合の解決方法を解説します。

[椎名武史,ユニアデックス株式会社]

連載バックナンバー

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。

トラブル 50(カテゴリー:インストールトラブル):SQL Server 2016でSP1をアンインストール後、起動しない

 「SQL Server 2016」上に「SQL Server 2016 Service Pack 1(SP1)」をインストールした環境を想定して解説します。

トラブルの実例:SQL Server 2016 Standard Editionを使用して運用を続けてきたものの、データ量の増加に伴い、ディスクI/Oがボトルネックになってきた。データ圧縮などの機能が追加されたSQL Server 2016 SP1を適用するため、検証環境で動作確認を実施した。ある程度の確認が終わったため、SP1をアンインストールしたところ、操作していたデータベースが未確認状態となり起動しなくなった。

 WindowsイベントビューアーでWindowsログの「Application」の項目を確認すると、「エラー933」が記録されていた(図1)。

図1 図1 Windowsイベントビューアーで「エラー933」を確認

トラブルの原因を探る

 記録されていた「エラー933」には、「SQL Server の現在のエディションではデータベース機能の一部が使用できないため、データベース'DB01'を開くことができません」とあります。

 「エラー933」の直前には「エラー909」も記録されていました(図2)。「データベース'DB01'は、オブジェクト'TABLE01'の一部または全体でデータ圧縮またはvardecimalストレージ形式が有効になっているため、このエディションのSQL Serverでは開けません。データ圧縮およびvardecimalストレージ形式がサポートされているのは、SQL Server Enterprise Editionだけです」とあります(図2)。

図2 図2 Windowsイベントビューアーで「エラー909」を確認

 SP1を適用することでStandard Editionでもデータ圧縮機能が有効になりました。ところが、SP1をアンインストールしてしまったため、データ圧縮に対応していないRTM版のStandard Editionに戻ってしまったようです。これではデータ圧縮が有効になっているデータベースを開くことはできないでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。