ニュース
» 2017年12月05日 11時00分 公開

モバイルデバイスでの作業をPCで続行可能:Microsoft、iOSおよびAndroid版「Microsoft Edge」を正式リリース

Microsoftは、2017年10月にプレビュー版をリリースしたiOS向けおよびAndroid向け「Microsoft Edge」を11月末に正式版として一般公開した。

[@IT]

 Microsoftは2017年11月30日(米国時間)、10月にプレビュー版をリリースしたiOSおよびAndroid版「Microsoft Edge」(以下、Edge)を正式版として一般公開したと発表した。

Android(左)およびiOS版(右)のMicrosoft Edge(出典:Microsoft)

 iOSおよびAndroid版のEdgeは、「お気に入り」「リーディングリスト」「新しいタブページ」「読み取りビュー」といったPC版Edgeでおなじみの機能をスマートフォンとPCで共有でき、デバイスを問わず、どこにいても同じブラウザエクスペリエンスを提供する。最大の目玉は、スマートフォンで閲覧中のページをPCですぐに開いたり、スマートフォンで保存した作業をPCで続行したりできる機能だ。

 プレビュー版のリリース後、ユーザーからのフィードバックを基に追加された新機能としては、「パスワードのローミング」と「ダークテーマ」がある。パスワードのローミングでは、スマートフォンで保存したパスワードを、PCでも利用できる。

 iOS版Microsoft Edgeは、米国(英語)、中国(簡体中国語)、フランス(フランス語)、英国(英語)向けに提供されている。Android版Microsoft Edgeは、米国(英語)、オーストラリア(英語)、カナダ(英語、フランス語)、中国(簡体中国語)、フランス(フランス語)、インド(英語)、英国(英語)向けに提供されている。Microsoftは、他の市場や言語向けにも順次提供していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。