ニュース
» 2017年12月14日 11時00分 公開

国内エンタープライズインフラ市場は微縮小:デジタルトランスフォーメーションとクラウド移行が成長のカギか――IDC、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測を発表

IDC Japanは、「国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測」を発表した。2017年の市場規模を7213億900万円、2021年は6987億7300万円と予測し、クラウド型市場のプラス成長、非クラウド型市場のマイナス成長を見込む。

[@IT]

 IDC Japan(以下、IDC)は2017年12月13日、「国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測」を発表した。2017年の市場規模は、2016年から0.9%減の7213億900万円と予測する。同社は、2016〜2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)をマイナス0.8%として、2021年の市場規模を6987億7300万円と予測する。

画像 国内エンタープライズインフラストラクチャ市場 支出額予測、2016年〜2021年(出典:IDC)

 IDCは、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場を、クラウド型配備モデルの「クラウドインフラストラクチャ市場」と、非クラウド型の「トラディショナルインフラストラクチャ市場」に分類。クラウドインフラストラクチャ市場のプラス成長を予測する一方、トラディショナルインフラストラクチャ市場についてはマイナス成長を見込む。

 具体的には、2017年のクラウドインフラストラクチャ市場規模が、2016年から16.2%増の1974億4800万円。2016〜2021年のCAGRは7.4%で、2021年の市場規模は2431億600万円と予測する。一方、トラディショナルインフラストラクチャ市場は、2017年の市場規模が2016年から6.1%減の5238億6100万円。2016〜2021年のCAGRはマイナス4.0%で、2021年の市場規模は4556億6700万円とみている。

 IDCでは、「既存のトラディショナルITからクラウドへの移行に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)への新たな需要によって、国内クラウドインフラストラクチャ市場はプラス成長を持続する」と予測する。IDC Japanでエンタープライズインフラストラクチャのグループマネジャーを務める福冨里志氏は、「エンタープライズインフラストラクチャベンダーは、IT活用による新規ビジネスの創出を目指す顧客とのエンゲージメントを深め、DXへの取り組みを支援し、さらに活発化させることを求められている」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。