連載
» 2017年12月18日 05時00分 公開

Angular TIPS:Angularでコンポーネントに「スタイルシート」を適用するには?(styles/StyleUrlsパラメーター)

@Componentデコレーターのstylesパラメーターを利用してコンポーネントにスタイルシートを適用する基本的な方法を解説。また、スタイルを外部ファイルにする方法も説明する。

[山田祥寛,著]
「Angular TIPS」のインデックス

連載目次

現在では、Web標準技術を利用したアプリ開発が広く普及し、そのためのフレームワークも多数存在しています。その中でも主流のフレームワークの1つである「Angular」を活用し、そのための知識を備えることには大きな意味があります。本連載は、Angularユーザーに向けて、その使いこなしTIPSを紹介するものです。なお、本連載は「Build Insider」で公開していた連載「Angular Tips」を同サイトおよび筆者の了解を得たうえで、本フォーラムに移行したものです。記事はBuild Insiderで公開した状態のまま移行しているため、用語統一などの基準が@ITの通常の記事とは異なる場合があります。


【対応バージョン】

 Angular 5以降。v5時点で執筆しました。


 コンポーネントにスタイルを適用するには、まず、@Componentデコレーターのstylesパラメーターを利用するのがシンプルです。例えば以下は、AppComponentコンポーネント配下の要素に対して、スタイルを適用する例です。

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'app-root',
  template: `
    <h1>{{title}} TIPS</h1>
    <p>目的別にまとめた{{title}}の解説記事</p>
  `,
  styles: [`
    h1 {
      color: #f00;
      background-color: #ffc;
      font-style: italic;
    }

    p {
      color: #f0c;    
      font-weight: bold;
    }
  `]
})
export class AppComponent {
  title = 'Angular';
}

コンポーネントに対してスタイルを適用する例(app.component.ts)

<!doctype html>
<html lang="en">
……中略……
<body>
  <app-root></app-root>
  <p>サクッと学ぼう!</p>
</body>
</html>

コンポーネントに対してスタイルを適用する例(index.html)

コンポーネント配下の<h1>/<p>要素に対してのみスタイルが適用された コンポーネント配下の<h1>/<p>要素に対してのみスタイルが適用された

 メインコンポーネント(AppComponent)を呼び出すindex.htmlファイルにも<p>要素を追加しているのは、コンポーネントで宣言したスタイルがコンポーネントの外には影響を及ぼさないことを確認するためです。

 複数形であることからも分かるように、stylesパラメーターはスタイル定義(文字列)を配列として指定する点にも注目してください。ここではスタイル定義は1つだけですが、定義全体を[...](配列リテラル)でくくっている点に注目です。

 ちなみに、サンプルでは複数のスタイルを1つの文字列としていますが、以下のように複数の文字列に分離しても構いません。

styles: [`
  h1 {
    color: #f00;
    background-color: #ffc;
    font-style: italic;
  }
  `,`
  p {
    color: #f0c;    
    font-weight: bold;
  }
`]

複数のスタイルを配列として指定した例(app.component.tsから抜粋)

スタイルを外部ファイル化する

 上では、簡単化のためにスタイルをコンポーネントファイルにまとめて記述しましたが、一般的には.cssファイルとして分離した方が保守性には優れるでしょう。その場合、外部ファイル化したスタイルシートは、styleUrlsパラメーターで指定します。

@Component({
  selector: 'app-root',
  template: `
    <h1>{{title}} TIPS</h1>
    <p>目的別にまとめた{{title}}の解説記事</p>
  `,
  styleUrls: ['./app.component.css']
})

スタイルシートを外部ファイル化した例(app.component.tsから抜粋)

 スタイルシートの名前は、コンポーネントとの対応関係が明確になるよう、「コンポーネント名.css」とするのが慣例的です。

 styleUrlsパラメーターも複数形になっていることから分かるように、ファイル名の配列として指定する点にも注目です。

参考:コンポーネントローカルなスタイルの仕組み

 冒頭サンプルの結果を見ても分かるように、styles/styleUrlsパラメーターで指定されたスタイルは、コンポーネント内部でのみ適用されます。その理屈を確認しておきます。

 以下は、冒頭のサンプルを実行した後、生成されたコードをブラウザーの開発者ツール*1から確認したものです。

*1 Chromeであれば、[Elements]タブから確認できます。


<html lang="en">
<head>
……中略……
<style>
  h1[_ngcontent-c0] {
    color: #f00;
    background-color: #ffc;
    font-style: italic;
  }

  p[_ngcontent-c0] {
    color: #f0c;    
    font-weight: bold;
  }
</style>
</head>
<body>
  <app-root _nghost-c0="" ng-version="5.0.3">
    <h1 _ngcontent-c0="">Angular TIPS</h1>
    <p _ngcontent-c0="">目的別にまとめたAngularの解説記事</p>
  </app-root>
  <p>サクッと学ぼう!</p>
  ……中略……
</body>
</html>

コンポーネントによって生成されたコード

 stylesパラメーターで指定されたスタイルには、セレクター式にも[_ngcontent-〜]のような属性宣言が付与されていることが見て取れます。また、テンプレートで定義された要素にも、対応する_ngcontent-〜属性が付与されます。

 「_ngcontent-」以降は、コンポーネントによって生成されたランダムな文字列です。これら属性を持つ要素はコンポーネント配下に限定されるはずなので、コンポーネントで宣言されたスタイルはコンポーネントの外には適用されないわけです。

処理対象:コンポーネント(Component) カテゴリ:基本
API:@Component|styles|styleUrls カテゴリ:@angular > core > Component decorator(コンポーネントデコレーター)


「Angular TIPS」のインデックス

Angular TIPS

Copyright© 1999-2018 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。