ニュース
» 2018年01月09日 08時00分 公開

2019年には3兆円を超える見込み:パブリッククラウドサービスが成長をリード――IDC、国内ソフトウェア市場の最新予測を発表

IDC Japanは、国内ソフトウェア市場規模の2017〜2021年の予測を発表した。2017年は対前年比4.9%増の2兆8367億4500万円、2016〜2021年の年間平均成長率は5.2%で、2021年には3兆4897億円に達する。

[@IT]

 IDC Japan(以下、IDC)は2017年12月26日、国内ソフトウェア市場規模(パッケージソフトウェアとSaaS、PaaSの売上額)の2017〜2021年の予測を発表した。2017年の同市場規模は、2016年比4.9%増の2兆8367億4500万円、2016〜2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は5.2%となる見込みだ。IDCは、同市場規模が2019年に3兆円を超え、2021年には3兆4897億円に達すると予測する。

画像 「国内ソフトウェア市場 売上額予測:2016年〜2021年」(提供:IDC)

 2017年の市場規模を大分類別で見ると、2016年と比較して、「アプリケーション市場」は5.2%増、「アプリケーション開発/デプロイメント市場」は5.8%増、「システムインフラストラクチャソフトウェア市場」は4.0%増となる見込みだ。

 これらの市場では、パブリッククラウドサービスの成長が著しく、IDCは、「2021年にはソフトウェア市場の約17.4%をパブリッククラウドサービスが占める」とみている。特に、アプリケーション開発/デプロイメント市場は、2021年に約25.4%をパブリッククラウドサービスが占める見込みだ。ビッグデータ/アナリティクスやクラウドネイティブアプリケーションプラットフォームの需要拡大によって、PaaS(Platform as a Service)市場に高い成長が見込まれるためだ。

 アプリケーション市場でも、働き方改革やビジネスのデジタル化推進などにより、SaaS(Software as a Service)への移行が進むと予想される。IDCは、「企業の間でデジタルトランスフォーメーション(DX)の成熟度が高まることで、IoT(Internet of Things)やコグニティブ/AI(人工知能)システム向けクラウドサービスの活用が拡大する」と予測する。

 IDC Japanのソフトウェア&セキュリティでリサーチマネージャーを務める入谷光浩氏は、「これまでパッケージソフトウェアのみでは実現が難しかったソリューションがクラウドサービスを活用することによって実現可能となり、ソフトウェアソリューションの適用領域が拡大している。ITサプライヤーは、既存のパッケージソフトウェアからクラウドサービスへの移行に終始するのではなく、パッケージソフトウェアとクラウドサービスを組み合わせた新たなソリューションを提供し、顧客に対する価値をさらに高めていくことが重要だ」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。