ニュース
» 2018年01月19日 11時00分 公開

問題の早期発見、対処やリスク軽減に役立つ:潜在的な脅威に対して先手を打つ――Google、「G Suite」のセキュリティセンターを開設

Googleは、「G Suite」のセキュリティに関する指標や分析結果を入手したり、推奨設定の案内を受けたりすることができるセキュリティセンターの開設を発表した。

[@IT]

 Googleは2018年1月17日(米国時間)、クラウドベースのプロダクティビティスイート(オフィス製品群)「G Suite」のセキュリティセンターの開設を発表した。

 セキュリティセンターでは、顧客が組織、データ、ユーザーを保護できるように、Googleによるセキュリティ分析、行動につながる洞察、ベストプラクティスの推奨といった機能が統合されている。

 Googleは、セキュリティセンターにより、経営幹部や管理者は以下のことができると説明している。

重要なセキュリティ指標のスナップショットを1箇所で見る

 デバイスの不審な挙動の把握、スパムやマルウェアが組織内のユーザーをどのように狙っているかの可視化、セキュリティ対策の効果を示す指標の確認が、統合型のダッシュボードで行える。

包括的なダッシュボード

潜在的な脅威に対して先手を打つ

 管理者は、ダッシュボードからアクセスできるセキュリティ分析結果を検討し、脅威に対処できる。例えば、どのユーザーがフィッシングの標的になっているかを可視化できるので、それを踏まえて攻撃を食い止められる。また、GoogleドライブのファイルがDLP(データ損失防止)ルールをトリガーに、データ漏えいの危険を察知し、未然に回避できる。

セキュリティ分析

セキュリティヘルスページの推奨を参考にリスクを軽減する

 セキュリティヘルスページは、セキュリティの設定状態に関する分析を基に、顧客にユーザーとデータのセキュリティを確保するためのアドバイスを提供する。その推奨事項は、データの保存方法やファイルの共有方法、モビリティ、通信の設定など、多岐にわたる。

セキュリティヘルスページ

 Googleによると、「G Suite Enterprise」を使用している顧客は数日以内に自動的に、管理コンソール内でセキュリティセンターにアクセスできるようになるとのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。