ニュース
» 2018年01月23日 12時00分 公開

モバイルPCのセキュリティリスクを補償する「テレワーク保険」 東京海上日動と日本マイクロソフトから

東京海上日動と日本マイクロソフトが、モバイルPCからの情報漏えいやモバイルPCに対する不正アクセスといったテレワーク中のリスクをカバーする「テレワーク保険」を発売。Windows10を搭載した法人向けPCに付帯する形で提供される。

[金澤雅子,ITmedia]

 東京海上日動火災保険と日本マイクロソフトは2018年1月22日、働き方改革の推進において協業すると発表した。その第1弾として、テレワーク中の各種リスクに対応する「テレワーク保険(正式名称:特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険)」を共同開発し、2018年2月1日に東京海上日動火災保険から提供を開始する。

 テレワーク保険は、法人向けのWindows 10搭載モバイルPCに付帯する方式で販売される。対象端末を購入すれば自動的に補償が付帯されているため、保険会社との契約手続きは不要だ。

 会社から貸与されるモバイルPC利用時に発生する各種損害に対し、損害賠償金や原因調査費用などを補償する。例えば、モバイルPCのウイルス感染時の調査費用や、PCを紛失し、情報漏えいした際の損害賠償金や各種対応費用を補償するという。

 同保険が付帯されたモバイルPCは、順次PCメーカーやディストリビューターなどから展開される予定。

 セキュリティリスクを懸念してテレワーク導入をためらう企業は多く、総務省の「ICT利活用と社会的課題解決に関する調査研究」(平成29年)では、未導入企業の43.2%が「セキュリティの確保」をテレワーク導入の課題として挙げているという。

 両社は、こうした企業の懸念に対応し、Windows 10と保険を組み合わせて提供することで、テレワーク推進を後押する狙いがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。