ニュース
» 2018年01月29日 11時00分 公開

ユーザーによるプライバシーデータ管理の第一歩:Windowsのプライバシー機能強化へ――Microsoft、診断データ閲覧、操作ツール「Windows Diagnostic Data Viewer」発表

Microsoftは、Windowsのプライバシー機能強化に向けて、Windows 10の次期版で、「Windows Diagnostic Data Viewer」を提供する。同ツールは、診断データの閲覧や検索、操作が可能。まずは、「Windows 10 Insider Preview」で提供開始する。

[@IT]

 Microsoftは2018年1月26日、同社の公式ブログで、Windowsのプライバシー機能強化の一環として、Windows 10の次期版で「Windows Diagnostic Data Viewer」を提供することを明らかにした。「Windows 10 Insider Preview」で、同ツールの提供を開始する。

 Windows Diagnostic Data Viewerは、Windowsの開発に役立てるためにMicrosoftに送信される診断データの透明性を確保するツール。

 従来、ユーザーは、診断データとして送られる情報の内容を確認できなかった。同ツールは、「OSの名称」と「バージョン」「デバイスID」「デバイスクラス」「デバイスの属性と機能」「設定」「周辺機器」「デバイスネットワークの情報」など、詳細なデータの閲覧や検索、操作を可能にする。

画像 「Windows Diagnostic Data Viewer」がMicrosoftに送信されたデータの詳細を表示する様子(提供:Microsoft)

 また、Microsoftは、Microsoftアカウントに関連したデータの閲覧や管理を行うための「Microsoft Privacy Dashboard」をアップデートし、今後数カ月間に以下の新機能を追加することも明らかにした。

  • Activity Historyページ上での、製品やサービスの使用履歴データと、メディア視聴データの閲覧と管理
  • ダッシュボード上のデータのエクスポート
  • 特定項目の削除による個別コントロールの強化

 MicrosoftでWDGプライバシー担当役員を務めるマリサ・ロジャーズ氏は、「Windows 10を安全なOSとする上で、ユーザーデータのプライバシー確保は最も重要だ。OS内のプライバシー関連制御機能と透明性の強化、基本レベルで収集する診断データの完全なリストの提供、Microsoft Privacy Dashboardやその他の機能強化など、当社は複数のサービスを横断してユーザー行動データを容易に検索・管理するための機能を提供する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。