ニュース
» 2018年01月30日 11時00分 公開

工場やインフラ設備の業務を効率化:アナログメーターの数値を自動で読み取り、収集――日立製作所、「メーター自動読み取りサービス」を発表

日立製作所は「メーター自動読み取りサービス」の販売を開始する。工場やインフラ設備に設置されているアナログメーターのメーターの値を自動収集し、人手に頼っていた巡回点検作業の負荷を低減。設備点検業務の効率化を支援する。

[@IT]

 日立製作所(以下、日立)は2018年1月29日、日立システムズと連携し、「メーター自動読み取りサービス」を同年2月1日に販売開始すると発表した。製造工場やエネルギー分野のインフラ設備などに設置されているアナログメーターの値をデジタル化して自動収集する「IoT(Internet of Things)化」を行い、従来は人に頼っていた巡回点検作業の負荷を低減するなど、業務効率化を支援する。

 同サービスは、日立が新たに開発した、アナログメーターをデジタル化する「レトロフィット無線センサー」と、自動収集したデータに異常を検出した際に自動的に通知する「センサーデータ収集・監視システム」を提供。メーターのデータを収集、一元管理すると同時に、状態監視や異常発生時の自動通知などによって点検業務を効率化する。

 レトロフィット無線センサーは、アナログメーターをカメラで撮影し、その画像をセンサー内でAI(人工知能)を使って解析することで、メーターの指示値をデジタル化する。電池式で稼働し、無線通信機能を備えるため、電源や通信ケーブルの設置が難しい場所にも導入可能だ。日立は、「読み取ったメーターのデータを自動収集することで、しきい値監視や傾向監視といった異常値の監視も可能にした」としている。

画像 「メーター自動読み取りサービス」の概要図(提供:日立)

 メーター自動読み取りサービス提供に当たり、日立は、日立システムズが全国約300カ所に保有するサービス拠点と連携したサポート体制を活用し、センサーなどの機器設置からシステムの導入や運用、保守までをワンストップで提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。