ニュース
» 2018年02月02日 11時00分 公開

オンプレミスとクラウドでコンテナアプリの一貫したデプロイと管理を可能に:Cisco、Kubernetesベースのターンキー型コンテナプラットフォーム「Cisco Container Platform」を発表

Ciscoが発表したKubernetesベースのターンキー型ソフトウェアコンテナプラットフォーム「Cisco Container Platform」は、プライベートおよびパブリッククラウド環境でコンテナアプリケーションの一貫したデプロイと管理を実現する。

[@IT]

 Cisco Systemsは2018年1月31日(米国時間)、ターンキー型のソフトウェアコンテナプラットフォーム「Cisco Container Platform」を発表した。単一の方法でオンプレミスとパブリッククラウドでシームレスにアプリケーションを運用したいニーズの増大に対応する狙いだ。

 Cisco Container Platformは、アプリケーション開発チームやIT運用チームによる「Kubernetes」をベースにしたコンテナクラスタの構成、デプロイ、管理を簡素化し、スピードアップする。Ciscoは他にもコンテナプラットフォーム製品を提供しており、この新ソリューションは、同社のこうした製品ポートフォリオを拡充し、顧客の選択肢を広げる。

 Cisco Container Platformは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)「Cisco HyperFlex」や仮想マシン(VM)、ベアメタルなど、オンプレミスとクラウドのさまざまなデプロイプラットフォーム上で、アプリケーションの一貫したデプロイと管理ができるオープンなマルチクラウド環境を実現する。こうした幅広いデプロイの選択肢を提供することで、Cisco Container Platformは、顧客の既存インフラ投資の保護を支援する。またIT部門がプライベートクラウドとパブリッククラウド間でアプリケーションをシームレスに移行し、それらを最も効果的な場所で実行することを可能にする。

「Cisco Container Platform」のWebページ

オープン、柔軟性、拡張性

 Cisco Container Platformは、オープンアーキテクチャとオープンソースコンポーネントを採用した、業界標準ベースの拡張可能なコンテナ管理プラットフォームを提供する。このソリューションは、セットアップやオーケストレーション、認証、監視、ネットワーキング、負荷分散、最適化など、エンドツーエンドのコンテナクラスタ管理を実現する。また、他のオープンデプロイ環境や、ネットワーキング、セキュリティ、分析、管理の各ツールに拡張することもできる。

 Cisco Container Platformは、反復的なタスクを自動化するソリューションであり、IT部門がさまざまなソリューションの調達、構成、サポートの必要をなくすことで、オペレーション効率の向上や、迅速な価値実現を支援するという。

 またCiscoは、従来型アプリケーションのモダナイゼーションやコンテナのスケール、パフォーマンスの最適化を支援する新サービスを提供するとともに、Cisco Container Platformのエンタープライズクラスのサポートを提供する。

インフラへの最適化

 Ciscoは、「Cisco Container Platformは他のCisco技術と連携し、顧客が簡単かつシームレスにデプロイを行えるようにするとともに、Cisco技術への新規および既存投資の価値を高める」と述べている。

 Cisco Container Platformは、当初は「Cisco HyperFlex 3.0」と組み合わせた利用向けにリリースされ、このHCI製品に最適化されている。ライセンスは、この製品とは別に取得することも、統合ソリューションとして取得することも可能だ。

 また、Cisco Container Platformは、オープンソースコンテナネットワークプラグイン「Contiv」を備えている。Contivを「Cisco Application Centric Infrastructure(Cisco ACI)」と統合することで、Kubernetesを使ってコンテナをデプロイし、ACIネットワークポリシー定義を作成できる。

Google Cloudとの連携

 CiscoとGoogle Cloudは密接に協力し、オンプレミス本番環境向けのKubernetesプラットフォームの拡張と最適化を進め、ワークロードをプライベートクラウドとパブリッククラウド間で安心して移動できる一貫した環境を提供してきた。

 Cisco Container Platformは、CiscoとGoogleが2017年10月に発表し、2018年にリリースを計画しているオープンなハイブリッドクラウド製品の主要要素になるとしている。顧客はCisco Container Platformと、Google Cloud Platform(GCP)の「Google Kubernetes Engine(GKE)」サービスを組み合わせることで、堅牢(けんろう)なエンタープライズ対応のコンテナを任意のインフラで実行できるようになるという。

価格と提供開始時期

 Cisco Container Platformは以下のようにリリースされる。

  • Cisco HyperFlex 3.0に最適化されたソフトウェア:2018年4月に提供開始
  • VMインフラ、ベアメタル、パブリッククラウドでサポートされるソフトウェア:2018年夏に提供開始

 価格は、デプロイされるクラスタノード数に基づくサブスクリプション制で、ボリューム割引が適用される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。