連載
» 2018年02月06日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(102):Office 2016のバージョン確認と手動更新、操作が面倒じゃないですか? (1/2)

今回は都市伝説的な話ではなく、Office 365(Office 2016)のバージョンと更新チャネルの確認と手動更新の手間を簡素化してみようという挑戦です。この挑戦の中で、最新の“Officeの秘密”がいろいろ分かるかもしれませんよ。

[山市良,テクニカルライター]
「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

バージョン確認と手動更新の通常の方法は、結構手間がかかる

 今回の話は最新の「Office 365 ProPlus」など、「クイック実行(Click to Run:C2R)」形式で提供されるWindows向けの「Microsoft Office 365(以下、Office 2016)」に関するものです。他のプラットフォーム(macOSやモバイルデバイス)や他のバージョン、Windowsインストーラー(MSI)形式で提供される製品(ボリュームライセンス製品のOffice Professional Plus 2016など)は考慮していませんのであらかじめご了承ください。

 Office 2016の更新チャネルやクイック実行、更新の仕組みについては、本連載でも取り上げてきました。

 現在、Office 2016の更新チャネルには「月次チャネル」「半期チャネル」「半期チャネル(対象限定)」の3つが存在し(実際にはもう2つありますが、今回は考慮しません)、それぞれ「バージョン」と「ビルド番号」を持ちます。更新はWindows Updateではなく、Office 2016自身に組み込まれた自動更新機能または手動更新で継続的に行われます。

 ローカルにインストールされているOffice 2016の更新チャネル、バージョン、ビルド番号を確認するには、任意のOfficeアプリケーションを開き、「ファイル」メニューの「アカウント」(Outlookの場合は「Officeアカウント」)を開きます。手動更新も同じ場所から開始できます(画面1)。WordやExcel、PowerPointの場合は、「ファイル」メニューにアクセスする前に、ファイルを開くか、新規作成するというステップが入るため、これが意外に面倒だったりします。

画面1 画面1 Office 2016の更新チャネル、バージョン、ビルド番号の確認と手動更新を行える場所

ビルド番号と更新チャネルの確認をスクリプト化して簡単に

 以前、Office 2016の更新チャネルの設定がどこに保存されているのかを調べていた際、以下のドキュメントを発見しました。レジストリキー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration」にあるCDNBaseUrl値に、各更新チャネルに対応したURLが設定されている(変更できる)ことが分かります。

 以下の1つ目のサポート技術情報は、レジストリの直接編集で更新チャネルを変更するものですが、その後、「OfficeC2RClient.exe」を利用した別の方法も利用可能になっています(後述します)。

 レジストリキー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration」を「レジストリエディター(Regedit.exe)」で開いてみると、VersionToReport値にビルド番号がセットされていることも分かりました(ClientVersionToReportは、おそらくC2Rクライアントのビルド番号)。

 CDNBaseUrl値と同じURLがUpdateChannelにも設定されていましたが、上記のドキュメントに基づいてCDNBaseUrl値を使用することにします。Windows PowerShellで以下のコマンドラインを実行すると、これらの情報を簡単に取得できます(画面2)。

(Get-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration").VersionToReport


(Get-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration").CDNBaseUrl

画面2 画面2 PowerShellのコマンドラインでレジストリのVersionToReport値とCDNBaseUrl値を取得する

 CDNBaseUrl値と更新チャネルの対応は、以下の表1の通りです。

更新チャネル 更新チャネル(日本語) CDNBaseUrl値
Monthly Channel 月次チャネル http://officecdn.microsoft.com/pr/492350f6-3a01-4f97-b9c0-c7c6ddf67d60
Semi-Annual Channel(Targeted) 半期チャネル(対象限定) http://officecdn.microsoft.com/pr/7ffbc6bf-bc32-4f92-8982-f9dd17fd3114
Semi-Annual Channel 半期チャネル http://officecdn.microsoft.com/pr/b8f9b850-328d-4355-9145-c59439a0c4cf
表1 CDNBaseUrl値と更新チャネルの対応

Office 2016管理用テンプレートによるポリシー設定を考慮する

 企業では、以下の「Office 2016管理用テンプレート」を使用して、更新チャネルをグループポリシーで一元管理しているところもあるでしょう。なお、管理用テンプレート(およびOffice Customization Tool)はたびたび更新されるため、最新版を利用するようにしてください。本稿執筆時点(2018年1月末)では、「2017年12月15日」にリリースされたものが最新です。

 Office 2016管理用テンプレート「office2016.admx」の内容を見れば、ポリシーが設定するレジストリキーと値を確認できます。それは、レジストキー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\policies\microsoft\office\16.0\common\officeupdate」のupdatebranch値です。updatebranch値には、「月次チャネル」「半期チャネル」「半期チャネル(対象限定)」の設定が旧称に基づいた文字列「Current」「Deferred」「FirstReleaseDeferred」で設定されます。配布された設定は、Windows PowerShellの次のコマンドラインで簡単に取得することができます(画面3)。

(Get-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\policies\microsoft\office\16.0\common\officeupdate").updatebranch


画面3 画面3 Office 2016管理用テンプレートのポリシー設定で配布された設定をPowerShellで取得する
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。