連載
» 2018年02月08日 05時00分 公開

Unityで始めるARKit入門(3):Mixamoの3DキャラクターとアニメーションをiPhoneのARで表示するには (1/3)

Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。今回は、Mixamoの3DキャラクターとアニメーションをARKitのアプリに組み込んでみよう。

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

Mixamoの3DキャラクターとアニメーションをARKitのアプリに組み込んでみよう

 Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載「Unityで始めるARKit入門」。連載初回では、ARKit対応アプリの開発環境を構築し、サンプルアプリを動かすまでの手順を解説した。

 前回からARKitのプログラミングについて解説している。今回は、Mixamoの3Dキャラクターを使って、ダンスを踊らせるサンプルを紹介する。図1のようなサンプルを作ってみよう。

図1 3Dキャラクターがボタンごとに設定されたダンスを踊っている

 Mixamoとは、3Dキャラクターとその動きのアニメーションを、自由にカスタマイズして使えるWebサービスだ。2015年にAdobe Systemsの傘下になり、Adobe IDでログインすることでサービスを利用できる。

3Dキャラクターと動きのアニメーションをダウンロードする

 下記のURLにアクセスすると図2のような画面が表示されるので、「LOG IN」ボタンを押してAdobe IDでログインする。まだAdobe IDを取得していない場合は、「SIGN UP FOR FREE」ボタンを押してAdobe IDを取得してからログインする。

図2 Mixamoのトップページ

 ログインすると図3のような画面が表示される。上部バーの「Characters」をクリックして、現れる一覧の中からお気に入りのキャラクターを選択する。

図3 お気に入りのキャラクターをダウンロードする

 次に、図3の上部バーの「Characters」の右にある「Animations」をクリックしよう。すると、いろいろなアニメーションの一覧が表示される。例えば「Samba Dancing」を選択するとキャラクターがサンバを踊るなど、どんなアニメーションかが分かるようになっている。

 まずは「Samba Dancing」を選択し、右の赤い四角形で囲った「DOWNLOAD」ボタンをクリックする。(図4)。

図4 いろいろなアニメーションが表示される

 図5のような「DOWNLOAD SETTINGS」のウィンドウが開くので、「Format」に「FBX for Unity(.fbx)」を指定して「DOWNLOAD」をクリックする。

図5 「DOWNLOAD SETTINGS」の画面が開く

 fbxファイルがダウンロードされるので、適当なフォルダを作成して、まとめて置いておこう。本稿では、同様な手順で「Hip Hop Dance」「BellyDancing」もダウンロードした(図6)。

図6 ダウンロードしたfbxファイル

プロジェクトを新規作成し、ダウンロードしたファイルをUnityに取り込む

 連載第1回でインストールしたUnityから新しいプロジェクトを作成して開いてほしい。プロジェクト名は何でも構わないが、本稿では「DancingCharacter」とした。DancingCharacterのプロジェクトにARKitのプラグインをAsset Storeからインポートしておこう。

 ProjectのAssetsの下に「Characters」というフォルダを作成し、「Characters」フォルダの上でマウスを右クリックして「Import New Asset」を選択する。先ほどダウンロードした図6のファイルを取り込むと、図7のようになる。

図7 Charactersフォルダにダウンロードしたファイルが取り込まれた

 図7を見ると、キャラクターが白で表示されてマテリアルが適用されていない。手動で適用させる必要がある。

 「Materials」フォルダにある「Texture」を選択すると、Inspectorが表示される。一番上にある、「Shader」が「Standard」になっているので、右端の上下▲アイコンをクリックして、「Legacy Shaders」→「Diffuse」と選択する(図8)。

図8 「Legacy Shaders」→「Diffuse」と選択

 すると、Inspector内が図9のように変化する。

図9 Inspector内が変化した

 図9の赤い四角形で囲った「Select」ボタンをクリックすると、「Select Texture」のウィンドウが表示されるので「MAW_diffuse」を選択する(図10)。

図10 「MAW_diffuse」を選択する

 次に、図7の赤い四角形で囲ったモンスターを選択してInspectorを表示させる。「Rig」ボタンをクリックして、「Animation Type」を「Generic」から「Legacy」に変更しておこう。変更後は必ず「Apply」ボタンをクリックしておく(図11)。全てのモンスターに対してこの作業を行っておこう。

図11 Animation TypeをLegacyに変更する
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。