ニュース
» 2018年02月08日 11時00分 公開

GEのIoT基盤「Predix」開発者向けサイトで公開:ISID、産業ロボットの故障予知アルゴリズムをマイクロサービス化して無償公開

電通国際情報サービス(ISID)は、産業用ロボットの故障予知分析アルゴリズムをマイクロサービス化し、米GEのIoTプラットフォームで無償公開した。6軸機構までのロボットアームが対象で、故障予知分析システムを容易に構築できる。

[@IT]

 電通国際情報サービス(以下、ISID)は2018年2月7日、同社の関連会社であるPredictronicsが保有する産業用ロボットの故障予知分析アルゴリズムをマイクロサービス化し、General Electric(以下、GE)のIoT(Internet of Things)プラットフォーム「Predix」の開発者向けサイトで、2018年5月中旬までの予定で無償公開を開始した。

 今回ISIDが公開したのは、産業用ロボットから「電流値」や「回転角速度」「角度」といった稼働データを取得し、あらかじめ設定した正常値からの乖離(かいり)幅から、独自アルゴリズムで故障の可能性を数値化して分析するマイクロサービス。6軸機構までのロボットアームが対象となる。

 同社では、「(同サービスを)利用することで、(ユーザーは)故障予知分析システムを容易に構築できる」としている

画像 同サービスのイメージ画像(提供:ISID)

 近年、ものづくりの現場はIoTやロボティクス技術を活用し、製品や生産設備のダウンタイムを極小化する故障予知技術へのニーズを高めている。ただし、企業が自社の製品や設備に適した故障予知分析システムを開発するには高度な知見が必要であり、特に中堅中小企業では対応が難しい。

 ISIDは今後、産業用ロボット以外の装置向けのサービス提供や、多様なプラットフォーム向けのマイクロサービス提供を計画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。