ニュース
» 2018年02月09日 08時00分 公開

豊富なガイダンス機能で操作をサポート:ITオンチのアプリケーション操作をガイド――日立ソリューションズ、ユーザーエクスペリエンス改善ツール「WalkMe」を販売開始

日立ソリューションズは、Webアプリケーション向けの入力支援ツール「WalkMe」の販売を開始する。ITに不慣れなユーザー向けに「操作手順の吹き出し表示」「入力内容に応じた動的ガイダンス」「入力内容の自動チェック」などの機能を備え、操作中のトラブルや誤入力を防ぐ。

[@IT]

 日立ソリューションズは2018年2月8日、WalkMeと日本での販売代理店契約を締結し、ユーザーエクスペリエンス改善ツール「WalkMe」の販売を開始すると発表した。

 WalkMeは、Webアプリケーション向けの入力支援ツール。ITに不慣れなユーザー向けに「操作手順の吹き出し表示」「入力内容に応じた動的ガイダンス」「入力内容の自動チェック」などの機能を備え、操作中のトラブルや誤入力を防ぐ。各ユーザーの操作内容や入力にかかった時間も記録する。

画像 「WalkMe」の動作イメージ(提供:日立ソリューションズ)

 日立ソリューションズは、「ITに不慣れな現場ユーザーによる誤入力などが業務効率の低下を招き、システム担当者の業務負荷が増大している」としている。

 WalkMeは、Webアプリケーションの画面に仮想レイヤーを作成してナビゲーションを表示する仕組み。既存システムを変更せずに導入でき、Salesforceをはじめ、ServiceNowの「ServiceNow」、Microsoftの「Dynamics365」などのWebシステムで使用可能。Webアプリケーションの画面を変更すると、ナビゲーションも自動で変更される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。