連載
» 2018年02月14日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows 10の「Xbox」などのビルトインアプリを削除する

Windows 10には、デフォルトで「メール」などのビルトイン(内蔵)アプリがインストールされている。しかし、これらのアプリは使わなくても、[スタート]メニューでアプリを右クリックしてアンインストールできない。そこでこれらのアプリをアンインストールする方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

対象:Windows 10


不要なアプリをアンインストールしたい

 Windows 10には、デフォルトでさまざまなアプリケーションがインストールされている。こうしたビルトインアプリの中には、「Xbox」や「Mixed Realityビューアー」、「映画&テレビ」など、ほとんど使うことのないものも含まれている。こうした使うことのないアプリにストレージが占有されているのは無駄だし、既定のアプリに設定されているものも多く、何かの拍子に起動してしまうのも邪魔だ。

 アプリケーションによっては、[スタート]メニューで削除したいアプリ名を右クリックして、メニューから[アンインストール]を選ぶことでアンインストールできるものがある。また、[Windowsの設定]−[アプリ]を開いて、左ペインで[アプリと機能]を選択すると、右ペインにアプリの一覧が表示されるので、削除したいアプリを選択して[アンインストール]ボタンをクリックしてもアンインストールできる。

 ただ、標準でインストールされている「Grooveミュージック」や「メール」、「カレンダー」などのいわゆる「ビルトインアプリ(内蔵アプリ)」は、これらの方法ではアンインストールできない。

右クリックでアンインストールできるアプリ 右クリックでアンインストールできるアプリ
ゲームなどのアプリは、[スタート]メニューでアプリ名を右クリックして表示されたメニューで[アンインストール]を選択することで、アンインストールが行える。

右クリックでアンインストールできないアプリ 右クリックでアンインストールできないアプリ
メールや電卓などのアプリは、[スタート]メニューでアプリ名を右クリックして表示されたメニューには[アンインストール]がなく、この方法ではアンインストールできない。

 そこで、こうしたビルトインアプリを削除する方法を紹介する。ビルトインアプリの中には、前述の方法でアンインストール可能なもの(ゲームなど)もあるので、まずはメニューの右クリックで削除できないかどうかを確認するとよい。

右クリックのメニューでアンインストールできない場合は?

 この方法でアンインストールできない場合は、PowerShellを利用する必要がある。[スタート]メニュー−[Windows PowerShell]−[Windows PowerShell]を選択して、PowerShellを起動する。ここで、以下のコマンドを実行すると、指定したアプリが削除される。<アプリ名>は下表を参考にしてほしい。

Get-AppxPackage -Name <アプリ名> | Remove-AppxPackage


ビルトインアプリをアンインストールするPowerShellコマンド

アプリ アプリ名
Cortana アンインストール不可
(Microsoft.Windows.Cortana)
Grooveミュージック Microsoft.ZuneMusic
Microsoft Edge アンインストール不可
(Microsoft.MicrosoftEdge)
Microsoft Store Microsoft.WindowsStore
Mixed Realityビューアー Microsoft.Microsoft3DViewer
Mixed Realityポータル アンインストール不可
(Microsoft.Windows.HolographicFirstRun)
People *1 アンインストール不可
(Microsoft.People)
Sticky Note Microsoft.MicrosoftStickyNotes
Xbox *2 Microsoft.XboxApp
Microsoft.XboxIdentityProvider
Microsoft.XboxSpeechToTextOverlay
Microsoft.XboxGameOverlay
アラーム&クロック Microsoft.WindowsAlarms
映画&テレビ Microsoft.ZuneVideo
カメラ Microsoft.WindowsCamera
カレンダー microsoft.windowscommunicationsapps
接続 アンインストール不可
(Windows.MiracastView)
電卓 Microsoft.WindowsCalculator
問い合わせ アンインストール不可
(Windows.ContactSupport)
フォト Microsoft.Windows.Photos
ペイント3D Microsoft.MSPaint
ボイスレコーダー Microsoft.WindowsSoundRecorder
マップ Microsoft.WindowsMaps
メール microsoft.windowscommunicationsapps
メッセージング Microsoft.Messaging
メニューでアンインストールできないビルトインアプリ
*1 Peopleは[スタート]メニューから削除されるものの、パッケージはアンインストールされない。 *2 Xboxアプリのように、複数のコンポーネントで構成されているアプリの場合は、ワイルドカードを使って「*xbox*」としてまとめてアンイストールすることも可能だ(「Microsoft.XboxGameCallableUI」が削除できないというエラーが発生するが、他のコンポーネントは削除される)。

アンインストール前の[スタート]メニュー アンインストール前の[スタート]メニュー
ここでは[電卓]アプリをアンインストールしてみる。
PowerShellを起動する PowerShellを起動する
[スタート]メニュー−[Windows PowerShell]−[Windows PowerShell]を選択して、PowerShellを起動する。Cortanaの入力ボックスに「PowerShell」と入力して起動することもできる。
PowerShellでコマンドを実行して[電卓]アプリをアンインストール PowerShellでコマンドを実行して[電卓]アプリをアンインストール
アンインストール後の[スタート]メニュー アンインストール後の[スタート]メニュー
[電卓]アプリがアンインストールされている。

 ただし、「Cortana」「Mixed Realityポータル」「People」「問い合わせ」「接続」の4つのアプリについては、PowerShellを使ってもアンインストールできないので注意したい。

一部のアプリはPowerShellでもアンインストールできない 一部のアプリはPowerShellでもアンインストールできない
Cortanaなどの一部のアプリは、PowerShellを使ってもアンインストールできず、エラーが表示されてしまう。

ビルトインアプリを再インストールする

 削除したビルトインアプリを再インストールしたい場合、Microsoftストアでアプリを検索して、[インストール]ボタンをクリックすればよい。目的のアプリが見つからない場合は、「Microsoft」で検索して、「部門」を「アプリ」で絞り込めば、アンインストールしたアプリが見つかるだろう。

削除したビルトインアプリを再インストールする(1) 削除したビルトインアプリを再インストールする(1)
Microsoftストアを起動し、検索ボックスに「Microsoft」と入力する。さらに、[部門]のブルダウンリストから「アプリ」を選択する。Microsoftが提供するアプリが一覧表示されるので、再インストールしたいアプリをクリックする。
削除したビルトインアプリを再インストールする(2) 削除したビルトインアプリを再インストールする(2)
[入手]ボタンをクリックすると、アプリを再インストールできる。

Copyright© 1999-2018 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。