ニュース
» 2018年02月16日 11時00分 公開

ルール作成なしで運用可能:社員一人一人の「デジタル秘書」に――豆蔵、対話型AIエンジン「MZbot」を発売

豆蔵は対話型AIエンジン「MZbot」を発売した。AIベースエンジンを備え、ルールを作成せずにチャットbotを運用できる。RPAロボットやサービスロボット、クラウドAPI、IoTセンサーなどとも連携する。

[@IT]

 豆蔵は2018年2月15日、対話型AIエンジン「MZbot」を発売した。

 MZbotは、チャットによる問い合わせ対応機能に、RPA(Robotic Process Automation)ロボットやサービスロボット、クラウドAPI、IoTセンサーなどと連携させることで、社員一人一人の業務を代行する「デジタル秘書」の役割を果たす。

 MZbotは「AIベースエンジン」と「ルールベースエンジン」の2つを備える。AIベースエンジンは、学習データから抽出した特徴的なキーワードから回答候補を自動的に選出するため、ルールを作成せずに運用可能。AIベースエンジンの精度に問題がある場合は、ルールベースエンジンにキーワードやルールを学習させることで、精度を改善できる。また、REST APIを活用すれば、他のチャットツールとの連携も可能になる。

画像 「MZbot」のイメージ画像(提供:豆蔵)

 一般的なRPAやチャットbotの運用ではルール作成の手間がかかり、導入時の負担が大きい。そこで豆蔵は、「短期間で簡単に導入でき、各種業務への展開や運用もしやすい製品」を目標にMZbotを開発したという。

画像 「MZbot」の問い合わせ対応イメージ(提供:豆蔵)

 最小構成価格は、ソフトウェアライセンスが85万円(税別、以下同)、導入支援サービスが320万円。最小構成時の導入には1.5カ月程度を見込む。導入支援サービスは、インストール作業(1環境)、学習データ作成支援、技術支援、問い合わせ対応、障害対応、精度向上支援を含む。オプションで、追加インストール作業や学習データの加工/整形作業にも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。