連載
» 2018年02月19日 05時00分 公開

SQL Serverトラブルシューティング(66):SQL Serverのサービスが起動しない:その1(起動トラブル) (1/2)

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「SQL Serverのサービスが起動しない」場合の解決方法を解説します。

[内ヶ島暢之,ユニアデックス株式会社]

SQL Serverトラブルシューティング一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。

トラブル 55(カテゴリー:起動トラブル):SQL Serverのサービスが起動しない

 「Windows Server 2012 R2」上に「SQL Server 2016 RTM」をインストールした環境を想定して解説します(本トラブルシューティングの対応バージョン:SQL Server 全バージョン)。

トラブルの実例:セキュリティ規定が厳しい環境において、日次でサーバの再起動を行うシステムの運用管理をしていた。

 ある日再起動後にSQL Serverが起動せず、アプリケーションにエラーが発生していた。サーバ全体を再起動したところ、SQL Serverまで起動が完了し、現在は通常通り運用している。しかし、顧客からは根本原因の追究と対策が求められている。

トラブルの原因を探る

 本エラーの分析のためにエラーログを調査すると、図1のような出力を確認できました。今回発生した現象はログから分かります。起動時にネットワークポートの確保に失敗していたことが原因です。

 SQL Serverは起動する際、ネットワーク設定をレジストリから読み取り、その後ネットワーク機能を立ち上げます。SQL Serverのネットワーク機能については本連載の第8回を参照してください(「アプリケーションが『どのプロトコルで接続しているのか』を確認する」)。

図1 図1 起動失敗時のエラーログ出力 赤線で示した箇所が問題のエラーメッセージ。本環境ではポート番号50000番を用いたネットワーク機能の起動に失敗している。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。