「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年02月19日 11時30分 公開

群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発

群馬大学と三井住友銀行(SMBC)は、自動運転技術を活用したモビリティサービスの実現に向けた連携協定を結んだ。自動運転車を活用した地域交通サービスの開発、展開を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

 群馬大学と三井住友銀行(SMBC)は2018年2月16日、地域における自動運転自動車を活用したモビリティサービスの実現に向けて、「次世代モビリティ社会実装研究に関する協定書」を締結した。自動運転分野に特化した大学と銀行の産学連携は国内初の取り組みだという。

 SMBCは、次世代モビリティサービスの実現に向けた事業化支援、ソーシャルインパクトボンド(社会貢献型投資:民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の取り組み)などを活用したファイナンス支援や、生体認証や電子決済などを活用した決済サービスといった技術面での支援などを行う。

Photo 地域における自動運転車を活用したモビリティサービス(イメージ)

 これまで群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などと連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向けた研究を展開している。

 一方、SMBCは、自動車産業の競争環境が変化する中、2016年4月に部門横断的なチームとして「次世代自動車プロジェクトチーム」を立ち上げ、自動運転社会や電動化、サービス化などに向けた企業の戦略対応を支援してきた。

 2017年11月には、神戸市北区筑紫が丘における「ラストマイル自動運転移動サービス」の実証実験で、三井住友フィナンシャルグループの日本総合研究所と群馬大学とが連携するなど、グループを挙げて取り組んでいる。

 今回、群馬大学とSMBCは、地域における自動運転車を活用したモビリティサービスの開発と同サービスの全国展開に関して連携することで合意。またSMBCでは、各地域の地元金融機関とも連携して、次世代モビリティ社会に求められる金融サービスを検討していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。