連載
» 2018年02月21日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(38):「おじさんプログラマー」は「気に入られ力」を磨け! (1/4)

プログラミングは若手だけのもの? 人生100年時代の「おじさんプログラマー」像とは――。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

 こんにちは、おじさんです。先月47歳になりました。

 最近、「おじさん」を実感することが増えました。目が成熟して(いわゆる、老眼というやつです)見づらいので、ノートPCで仕事をするのが結構ツライです。容器に「40」と書いてある目薬を使うようになりました。肩もめちゃくちゃ凝ります。

 そんな折、82歳で現役のプログラマーとして活躍する若宮正子さんが、ニューヨークの国連本部で講演をし、称賛を受けるという報道を見ました。若宮さんは80歳を超えてからプログラミングの技術を学び、スマートフォンのアプリを開発したそうです。

 一言「すばらしい!」。すごいなー、格好いいなー。

 というのも、私も以前、プログラマーだったからです。若いころは「生涯プログラマー」を目指していました。でも、30歳を過ぎたころから、「お前もそろそろお金の管理をしろ」「マネジメントをやれ」と言われました。本当は「生涯プログラマー」でいたかった。でも、組織の中では自分の理想通りにならないことも多いもの。

 「生涯プログラマー」を目指して転職するも、そこで待ち受けていたのは過大なストレス。その後紆余曲折があって、プログラミングから離れることになりました。

 でも、若宮さんの報道を見て久しぶりにワクワクしました。80歳を超えてもできるのだから、半分ほどの年齢の私にもきっとできるはず! おじさんもまた、久しぶりにプログラミングをやってみたい!

※この記事ではベテラン世代のことを、愛情をこめて「おじさん」と表現しています。男性のみを意図しているわけではありませんので、それぞれで読み替えてくださいね。

「おじさんプログラマー」を目指す?

 とはいえ、モニターが見づらい、肩が凝ると嘆いているおじさんな私が、もう一度ガチプログラマーになる自信は、正直ありません。身体的にもそうですし、プログラミングが本業ではなくなってから、仕事に対する興味はIT以外にも向いています。

 開発環境を作って取りあえず書き始めれば、あのころの感覚がよみがえってきて楽しくなるかもしれません。だけど、その時間を作るのが意外と難しい。

 「それは言い訳だよ。82歳の若宮さんにだってできるのだから、やる気になればできるはずだよ」と、人は言うかもしれません。そう、言い訳ですね。すみません。頭では分かっているんです。でも、腰が重くて最初の1歩がなかなか踏み出せない(笑)。

 でも、もし「おじさんプログラマー」を目指せるなら、楽しそうだなー。

若宮さんみたいになりたいなー
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。