ニュース
» 2018年02月21日 08時00分 公開

徐々に投資が本格化する見込み:DevOpsソフトウェアは、今後パッケージからクラウドへ移行か――IDC Japanが予測を発表

IDC Japanは、国内DevOpsソフトウェア市場が、2017年は対前年比16.1%増の166億1000万円、2022年には427億円に達するとの予測を発表した。DevOpsソフトウェアの提供形態が、2022年にかけて徐々にパッケージからクラウドに移行するとの見解を示した。

[@IT]

 IDC Japan(以下、IDC)は2018年2月20日、国内DevOpsソフトウェア市場について、2017年の実績と2022年までの予測を発表。「2017年の市場規模は、2016年から16.1%増の166億1000万円。2017〜2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は20.8%で、2022年には427億円に達する」との見解を示した。

 2017年は、トライアルやパイロットプロジェクトなど、小規模のDevOpsを実践する企業が増えた。IDCは「2018年からは、組織全体でDevOpsを本格的に実践する企業が増え、DevOpsソフトウェアの使用率が高まる」としている。

画像 国内DevOpsソフトウェア市場 売上額予測:2017年〜2022年(提供:IDC Japan)

 IDCによれば、企業の投資先は、ソフトウェアのバージョン管理や変更/構成管理、テスト、品質管理などに向けた「アプリケーションライフサイクルソフトウェア」へ集中した後、アプリケーションの実行環境へ移行する見込み。同社はアプリケーションデプロイの自動化、管理ツールやモニタリングツールなど、オペレーション管理ソフトウェア市場の拡大を予測する。

 IDCは、DevOpsソフトウェアのクラウド移行も見込んでいる。DevOpsソフトウェア市場に占める「パッケージソフトウェア」の売上額が2017年(75%)から2022年(56%)にかけて下がると予測する一方、「パブリッククラウドサービス」については、売上額が今後成長し、2022年にはDevOpsソフトウェア市場の44%に達するとみている。

 こうした予測の根拠について、同社は「主要なPaaS(Platform as a Service)でDevOpsの支援機能が拡充し、DevOps向けアプリケーションライフサイクルツールをSaaS(Software as a Service)として提供するサービスプロバイダーが増加するため」としている。

 IDC Japanでソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーを務める入谷光浩氏は、「国内DevOpsソフトウェア市場は、今後アプリケーション主導型のイノベーションを実現しようとする企業の投資が拡大することで、高い成長を続けていく。商用パッケージソフトウェアとオープンソースソフトウェアだけではなくクラウドサービスでも、企業のDevOpsプロセスの構築と統合を支援するために拡張が行われ、DevOpsソフトウェア市場の拡大をさらに加速させていくことになる」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。