ニュース
» 2018年02月22日 17時30分 公開

自動飛行から取得データの分析まで ドローンのビジネス活用を一括支援する「docomo sky」登場

NTTドコモが、ドローンのビジネス活用を支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を発表。ドローンをセルラーネットワークで常時接続し、飛行計画に沿った自動運航や遠隔操作による飛行、撮影画像データなどのリアルタイム取得をはじめ、ドローンの運用をトータルにサポートする。

[金澤雅子,ITmedia]

 NTTドコモは2018年2月21日、ドローンの運用をトータルにサポートする法人向けサービス「ドローンプラットフォーム docomo sky(ドコモ スカイ)」を発表した。

 ドローンをセルラーネットワークで常時接続し、複数台の自動飛行や目視外での遠隔操作、機体情報管理、機体を用いた業務のワークフロー管理、撮影データやセンシングデータのリアルタイム取得といった一連の運用管理を全てWeb上で行える。

Photo 「ドローンプラットフォーム docomo sky」のサービス概要

 あらかじめ飛行エリアの地形や気象、飛行禁止区域などを基にドローンの飛行計画を作成し、高度や座標情報などの詳細な飛行ルートを設定することで、遠隔地から複数のドローンを自動運航させることが可能になる。また、一定の空域内に飛行する複数のドローンの位置情報を一元管理し、空中衝突の危険や禁止空域への侵入を検知することで、空域の安全を確保する。

 ドローンで撮影した動画や画像、センシングデータなどは、クラウド上で一元的に管理でき、それらを解析して分析レポートを自動作成するアナリティクス機能も提供する。今後は、同プラットフォーム上で解析アプリケーションを独自開発できる環境と解析エンジンの提供も予定しているという。

Photo docomo skyのサービス利用の流れ。フライト前のフライト計画書作成から、フライト中およびフライト後のデータ分析まで一元管理が可能
Photo Webブラウザ上のフライトプラン管理。プロジェクト名や機体情報などを登録し、フライトプランを計画する
Photo オペレーションの操作。地形や気象、飛行禁止区域などの情報を設定して、ドローンを遠隔制御する
Photo アナリティクスの操作。クラウド上に記録された画像データ、位置情報、飛行記録などを基にデータ分析を行う

 docomo skyを活用した最初の取り組みとして、「太陽光発電事業者向けソーラーパネル自動点検・解析サービス」を、2018年3月から南国殖産を通じて、グループ企業の九州おひさま発電の日置発電所(鹿児島県)にトライアル提供する。

 NTTドコモではさまざまな産業分野への活用を目指し、パートナー各社とのビジネス実証と技術開発実証と技術開発に取り組むとしており、2018年4月には「セルラードローン・オープンパートナーイニシアティブ」を発足し、エントリーを開始する予定だという。

 また、ビジネス活用を目的にドローンの導入を検討している企業や自治体向けに、ドローンの初期導入を支援する「ドローンスターターサポート」を2018年春から開始する予定。ドローンの機体や機体用カメラの販売やレンタル、通信端末の提供、映像中継や3D画像計測などのソリューション提供、国土交通省への飛行申請サポート、パイロットの派遣や安全運用のための講習、機体修理サポートなどを提供する。提供価格(参考価格)は、ドローン機体とカメラのレンタル、通信端末、現地セットアップ、講習、映像中継ソリューションを提供する場合で60万円(税別)から。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。