連載
» 2018年02月28日 05時00分 公開

人気連載まとめ読み! @IT eBook(37):「Windows 10」が内蔵するセキュリティ機能がよく分かる電子書籍――起動前から侵害の検出と対策まで

人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第37弾は「Windows 10が備えるセキュリティ機能」をお届けする。起動前後にルートキットを防ぐ機能から、侵害の検出と対策までを5段階に分けて解説した。

[@IT]
photo @IT eBookシリーズ Vol.37『Windows 10が備えるセキュリティ機能』(画像クリックでeBookを表示)

 Windows 10に組み込まれたセキュリティ対策は数多い。セキュリティ対策が多岐に及んでいることに加え、Windows VistaやWindows 7、Windows 8/8.1で導入されたセキュリティ対策を前提としているものも多く、全体像をつかみにくい。

 そこで、本連載では、Windows 10のセキュリティ対策について、デバイスの保護から、侵害の検出と対策まで5つの観点から機能を紹介した。

 デバイスの保護では、「UEFI Secure boot」や「Trusted boot」「Virtualization Based Security」について取り上げ、起動前後のセキュリティ対策について触れた。

 脅威からの保護ではコードの正しさを保証する「Device Guard」と、「Edge」に組み込まれた攻撃コードの実行防止機能などについて解説した。

 認証情報の保護では、Windows自体が持つハッシュ情報を狙う各種攻撃の内容を紹介し、これらの情報を保護する「Credential Guard」を取り上げた。

 ユーザーデータなどのPC内部の情報を保護するには、デバイス保護、データ分離、漏えい対策、共有保護という4つの段階を押さえる必要がある。この中で、デバイス保護に役立つ「BitLocker」とデータ分離などに役立つ「Windows Information Protection」を解説した。

 米国技術標準局(NIST)が公開したサイバーセキュリティ・フレームワークコアの考え方では、脅威の特定、防御、検知、対応、復旧という5段階のセキュリティ対策が必要だ。このうち、検知と対応に向けた機能「Windows Defender Advanced Threat Protection」について紹介した。

 PCのセキュリティを高めたい、Windowsが備えるセキュリティ機能を理解したい方には本連載がお勧めだ。ぜひダウンロードして、活用いただきたい。

電子ブックレットダウンロードボタン_atmarkit_ebook37_activedirectory

※@IT eBookシリーズについてはこちらをご覧ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。