ニュース
» 2018年02月28日 11時20分 公開

@ITセキュリティセミナー2018.2:エンドポイントのセキュリティ対策を自動化するポイントとは――クエスト・ソフトウェア

@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、クエスト・ソフトウェアの講演「エンドポイントをより堅牢に!可視化・制御・復旧の自動化により、管理者側でリスクをコントロールする方法とは?」の内容をお伝えする。

[齋藤公二,@IT]
クエスト・ソフトウェア 技術部 エンドポイントシステム管理グループ リーダー 増倉武氏

 @ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、クエスト・ソフトウェアの講演「エンドポイントをより堅牢に!可視化・制御・復旧の自動化により、管理者側でリスクをコントロールする方法とは?」の内容をお伝えする。

 クエスト・ソフトウェアのセッションでは、同社 技術部 エンドポイントシステム管理グループリーダー 増倉武氏が登壇し、エンドポイント対策の重要性を訴えた。

 デバイスからのデータ漏えい、ランサムウェアの感染被害といったエンドポイント・人的原因に起因する問題が増加している。ここで強く求められるのが「エンドポイント・人的要因への対策強化」「有効な対策の継続的な実施(運用工数の最小化)」「事故発生時の迅速な復旧」という3つの対策だ。

 「対策のポイントは、アクセス状況の可視化と制御、インシデント発生時の迅速な復元。さらにそれらを自動化することで、運用負荷を最小限にし、継続的な運用を可能にする」

 増倉氏は、それを可能にする製品として「Quest KACE System Management Appliance」を紹介。同製品を利用することで、「エンドポイントの脆弱(ぜいじゃく)性やパッチ適用状況の可視化、重要データへのアクセスの可視化と制御、重要データの迅速な復旧、それらの自動化が可能になる」とした。

「課題解決に必要なソリューション」(出典:クエスト・ソフトウェア)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。