ニュース
» 2018年03月07日 08時00分 公開

進行方向や曲がり角をARで表示:ARで実際の風景にナビ情報を表示――Yahoo! MAPのiOS版に試験導入

ヤフーは、スマートフォン向けの地図情報サービス「Yahoo! MAP」のiOS版に、AR(拡張現実)を活用したナビゲーション機能「ARモード」を試験導入した。カメラで撮影している実際の風景に、ルートや曲がり角を示す「看板」などを重ねて表示する。

[@IT]

 ヤフーは2018年3月5日、スマートフォン向けの地図情報サービス「Yahoo! MAP」のiOS版に、AR(拡張現実)を活用したナビゲーション機能「ARモード」を試験導入したと発表した。カメラで撮影した実際の風景に、「ルート」や「看板」などのナビゲーション要素を重ねて表示する。開発には、iOS 11のARアプリ開発用フレームワーク「ARKit」を活用したという。

 ARモードを利用するには、Yahoo! MAPで目的地への徒歩ルートを検索した後、画面右上の「ARモード」をタップする。端末のカメラが起動し、空間を認識すると、撮影している実際の風景にアプリが目的地へのルートを青い線で重ねて表示する。進行方向を示す「矢印」や「残りの距離」の他、曲がり角を示す「看板」、ユーザーが歩いた「足跡」なども表示する。

画像 「Yahoo! Map」のiOS版向け「ARモード」を使用した画面の例(提供:ヤフー)

 ARモードは、使用する頻度によって、通常足跡として表示する「靴跡」の他、「はだし」や「犬」なども表示する。検索したルートの目的地では、Yahoo! JAPAN公式キャラクターである「けんさくとえんじん」の「けんさく」が、手を振って出迎える。

 ヤフーは今後、ARモードの安全性や使いやすさを高め、機能の充実や精度の向上を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。