連載
» 2018年03月13日 05時00分 公開

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年2月版:君はOsushiを食べたか、仮想通貨は混迷が続く (1/3)

2018年2月のセキュリティクラスタは「サイバーセキュリティ月間」「Osushi」「仮想通貨」に話題が集まりました。サイバーセキュリティ月間では「SECCON 2017 決勝大会」が注目を集めた一方、セキュリティ上の突っ込み所がたくさんあったWebサービスOsushiがサービス開始当日に停止してしまいました。仮想通貨XEMでは、ホワイトハッカーがタグを付け、盗難分の流れが分かるようになったものの、徐々に資金洗浄されているようです。

[山本洋介山(エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ),@IT]
「セキュリティクラスタ まとめのまとめ」のインデックス

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 一覧

サイバーセキュリティ月間と「SECCON 2017 決勝大会」

 毎年2月は恒例のサイバーセキュリティ月間です。2018年はSFテレビアニメ「BEATLESS」とのコラボイベントなど、たくさんのイベントが開催されました。ハッシュタグ「#サイバーセキュリティは全員参加」でたくさんツイートがあります。

 その中でいちばん大規模なものが「SECCON 2017 決勝大会」でしょう。2月17日には国内決勝大会、2月18〜19日には国際決勝大会が開催、これに関するたくさんのツイートがありました。

 国内決勝大会は国内の24チームが参加、チーム「TokyoWesterns」が優勝しました。

 国際決勝大会には、予選を通過した国内外15チームが参加、韓国のCTFチーム「CyKor」が連覇を果たしました。2位は米国の「PPP」でした。海外の強豪の中、国内勢では「dodododo」が3位に入りました。

 大会の会場では並行して多数の講演があり、セキリュティビジネスの注意点やGPSのハッキング、ゲームのチート対策などがテーマとなっていました。自動キー入力が可能なBadUSBの作成などのハンズオンも行われており、こちらもたくさんのツイートがありました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。