ニュース
» 2018年03月15日 11時00分 公開

VR空間で用語検索やニュース閲覧も可能:ブレーンストーミングをVR空間で――電通が支援ツールを開発

電通は仮想現実を応用した発想支援ツール「COMOLU」を開発した。収集した画像や動画を、3次元空間に自由に配置し、閲覧したり整理したりする。

[@IT]

 電通は2018年3月14日、アタリと共同で、VR(仮想現実)を応用した発想支援ツール「COMOLU」を開発したと発表した。収集した画像や動画を、3次元空間に自由に配置、閲覧、整理可能にする。

 COMOLUは、ブレーンストーミングのために実空間で行われる「場所を変えて気分転換する」「文言や画像を壁に貼り出す」といった行動をVR空間で実行可能にする。

画像 「COMOLU」のイメージ画像(提供:電通)

 COMOLUの主要機能は、次の4つ。

  1. 収集した画像や動画を、VR空間内に自由に配置して一覧表示することで、アイデアを視覚的に整理できる。思い浮かんだアイデアを、付箋にメモして追加する機能も備える。
  2. 画像を検索できる。音声認識またはバーチャルキーボードで検索語を入力できる。検索結果は、VR空間上に配置できる。
  3. 最新ニュースを閲覧できる。電通は「最新ニュースをVR空間内で閲覧することで、セレンディピティー(偶然に新たなアイデアに出会い、予想外のものを発見すること)を生み出し、新たな着想を加速する」としている。
  4. 画像や付箋の情報をPDFに保存し、出力できる。

 電通は、COMOLUについて「チームのアイデア発想や共有を円滑にし、多角的で革新的なアイデア発想に必要な拡張型の思考環境をビジネスパーソンに与えることで、クリエーティビティーの可能性を広げる」としている。

 COMOLUはMicrosoftのWindows Mixed Realityプラットフォームに対応し、利用には、ヘッドマウントディスプレイとコントローラーが必要。基本機能は無料で、一部の機能は利用に月額360円が必要。電通は、Microsoft Storeを通じて利用可能な消費者版と法人顧客向けのビジネス版を提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。