連載
» 2018年03月16日 05時00分 公開

Unityで始めるARKit入門(終):Unityを使って、ARKitで複数のボールをバウンドさせるアニメーションを表現するには (1/2)

Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。最終回は、複数のボールがバウンドするサンプルアプリを作ってみよう。

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

 Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載「Unityで始めるARKit入門」。連載第1回では、ARKit対応アプリの開発環境を構築し、サンプルアプリを動かすまでの手順を解説した。

 今回は、複数のボールがバウンドする図1のようなサンプルを作ってみよう。

図1 複数のボールが空中でバウンドしている

サンプルのUnityARKitSceneを開く

 まずは連載第1回でインストールしたUnityから新しいプロジェクトを作成して開いてほしい。プロジェクト名は何でも構わないが、今回は「ARkitBall」とした。今回もARKitのプラグインをAsset Storeからインポートしておこう。

 前回同様、「Examples」フォルダ内にある「UnityARkitScene」のサンプルファイルをダブルクリックすると、Hierarchy内に必要なファイルが表示される。Inspectorから「RandomCube」「GeneratePlanes」のチェックを外しておこう。最初から外されているものもあるが、チェックを外すとグレー表示になる(図2)。

図2 チェックを外した、または外されているファイル

 次に、図2の「HitCubeParent」の下にある「HitCube」を削除する。空のゲームオブジェクトを作成して、名前を「balls_parent」として「HitCubeParent」の子として配置する(図3)。

図3 「balls_parent」を「HitCubeParent」の子として配置した

 balls_parentを選択してInspectorを表示させる。「Transform」の「Z」には「0」を、「Scale」には「X」「Y」「Z」ともに「1」を指定しておく。

 また、「Add Component」から「Unity AR Hit Test Example(Script)」を追加する。Hit Transformには、HitCubeParent(Transform)を指定しておく(図4)。

図4 「balls_parent」に「Unity AR Hit Test Example( Script)」を追加する

 ここまでのSceneを「ARkitBall」として保存しておこう。

 次に、Projectの「Assets」→「UnityARKitPlugin」→「Examples」→「Common」→「Prefabs」フォルダ内にある「ShadowPlanePrefab」を「balls_parent」の子としてドラッグ&ドロップする。そして名前は「Plane」に変更しておく(図5)。

図5 「ShadowPlanePrefab」を配置して名前を「Plane」に変更

 図5を見ると「plane」の中に「Plane」フォルダが入っている。一番下の「Plane」フォルダを「balls_parent」の子とする。空になった「Plane」は削除して図6のようにする。

図6 一番下の「Plane」を「balls_parent」の子とした

 「Plane」を選択してInspectorを表示させ、「Transform」の「Scale」の値を「X=2」「Y=1」「Z=2」と指定しておこう。この「Plane」は透明化されており、空中でボールがバウンドする際に、この透明化された「Plane」に衝突するようになる。

 次に、ProjectのAssets内に「Materials」というフォルダを作って、5つのマテリアルを作成する。名前は「ball1〜5」としておく(図7)。

図7 5つのマテリアルを作成した

 このボールのマテリアルに色を指定する。Inspectorの「Main Maps」の「Albedo」から設定する。色は各自が好みの色を指定するといいだろう。筆者は図8のような色にした。

図8 マテリアルに色を指定した

Sphereを作成する

 Hierarchyの「balls_parent」内に5個のSphereを作成し、名前は「ball1〜5」としておく。そのSphereに図8で作成したマテリアルを適用する(図9)。Duplicateで作成したSphereは重なって表示されるので、Hierarchy内の「Plane」を選択する。透明化された「Plane」の位置が表示されたら、その「Plane」の領域内に収まるように配置する。高さは適当で構わない。

図9 「balls_parent」内に作成したSphereにマテリアルを適用する

 Hierarchy内の「ball1〜5」を一度に選択して、Inspectorを表示させる。「Transform」にある「Scale」の「X」「Y」「Z」に「3」を指定してサイズを大きくしておく。次に「Add Component」から「Rigidbody」を追加しておく。

 「ball1」を例にとると、図10のようなInspectorになっているはずだ。サイズを大きくするとSphereが重なるため、再度「Plane」の領域内に配置し直してほしい。

図10 「ball1」のInspector
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。