連載
» 2018年03月26日 05時00分 公開

ケーブル&コネクタ図鑑:写真で分かるUSB Type-C(タイプC)

「USB Type-C(タイプC)」はUSBの小型コネクターの一種だ。PC(ホスト)側と周辺機器側でコネクター形状が共通であり、またコネクターに表裏がなく、どちら向きでも装着できるという特長がある。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているUSB Type-Cのコネクター(プラグ)
ケーブルに付いているUSB Type-Cのコネクター(プラグ) ケーブルに付いているUSB Type-Cのコネクター(プラグ)

PCやスマートフォン、周辺機器に搭載されているUSB Type-Cのコネクター(レセプタクル)
PCやスマートフォン、周辺機器に搭載されているUSB Type-Cのコネクター(レセプタクル) PCやスマートフォン、周辺機器に搭載されているUSB Type-Cのコネクター(レセプタクル)

 「USB Type-C(タイプC)」はUSBの小型コネクターの一種だ。PC(ホスト)側と周辺機器側のどちらも、同じ形状のコネクターを採用している。またコネクターに表裏はなく、どちら向きでも装着して利用できる。

 USB Type-Cコネクターは、PC/Macや周辺機器、スマートフォンなど広範囲で普及が進んでいる。特にスマートフォンでは、従来の「USB 2.0 Micro-B」コネクターの代わりとして搭載する機種が増えている。

 「Thunderbolt 3」とは互換性がある。例えば、PC/Macに搭載のThunderbolt 3コネクターにUSB 3.x対応機器を接続する、といったことが可能だ。

← 「USB/Thunderbolt/IEEE 1394用コネクター」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。