連載
» 2018年03月29日 05時00分 公開

SD-WANはどうなっているか(1):SD-WANニーズが消え去ることはなく、ますます高まる理由

「SD-WANは消え去る」という人がいるが、そんなことはない。「SD-WANニーズは今後もますます高まる」と、確実に言える。理由はシンプルだ。硬直的なWAN運用は、ますます機動性と効率が求められる企業のビジネスに合わなくなってきているからだ。

[三木泉,@IT]

 「SD-WANは消え去る」という人がいるが、そんなことはない。「SD-WANニーズは今後もますます高まる」と、確実に言える。理由はシンプルだ。硬直的なWAN運用は、ますます機動性と効率が求められる企業のビジネスに合わなくなってきているからだ。

 SD-WANの世界では2017年、Viptela、VeloCloudの主要スタートアップ企業2社が買収された。一方、日本国内では、通信事業者および関連企業によるSD-WANサービスの発表が相次ぎ、提供形態が多様化している。現在の状況は、「SD-WAN」という言葉が知られ始めたころと比較すれば、明らかに異なる。だが、「ユーザー組織にとってはメリットが分かりやすくなってきた」ともいえる。本記事では、こうしたSD-WANの「今」についてお届けする。

VMwareによるVeloCloud買収の意味は

 SD-WANの世界の変化を象徴する動きの1つが、VMwareによるVeloCloudの買収だ。

 VMwareは2017年11月、VeloCloudの買収を発表した。これについて、以前Nicira Networksに所属し、現在はVMwareのバイスプレジデント兼アジア太平洋地域CTO(最高技術責任者)を務めるブルース・デイヴィ(Bruce Davie)氏に「VMware NSXでWANもカバーしようとしてきたのではないか、なぜSD-WAN専業ベンダーを買収したのか」聞くと、同氏は「VMware NSXでもできたが、時間を買ったのだと思う」と答えた。

 一方、VeloCloudの買収は、VMwareにおける通信事業者向け製品・サービスの充実という側面がある。これについては、買収発表当時の記事で指摘した。以前Nicira Networks、VMwareのネットワーク部門でトップを務め、現在はベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzのジェネラルパートナーであるマーティン・カサド(Martin Casado)氏に2017年末インタビューした際、同氏もこの見方に同意しながら、「(逆に)VMwareはこれまで、通信事業者向けビジネスに強くなかった。VeloCloudの今後の成否は、これをどう補えるかに左右される」と話した。

 VMwareが、SDN技術であるVMware NSXと、VeloCloudの製品・サービスを、どう役割分担させるのかは明確になっていない。もちろん、「NSXによる仮想ネットワークをWAN経由で延長するためにVeloCloudを併用する」というのは、分かりやすい用途の1つだ。だが、それだけだろうか。

 VMwareは、SD-WANにおける多様な利用モデルをカバーするため、選択肢を広げていきたいのではないだろうか。例えばIoTエッジデバイスのネットワークセキュリティを考えた場合、単一の技術で多様なIoTニーズに対応しきれるとは言いにくい。

全ては「WANの見直し」から始まり、「WANの見直し」に終わる

 本記事の冒頭で、「ユーザー組織にとってはメリットが分かりやすくなってきた」と書いた。だが、「逆にSD-WAN製品・サービスの機能や提供形態が多様化してきたため、分かりにくくなってきたのではないか」と感じている読者もいるだろう。いや、分かりにくくはなっていない。理由は次の通りだ。

 SD-WAN製品が分かりにくくなってきたと感じる人は、おそらく機能の〇×表を作成し、「最も多くの〇がつく製品・サービス」を選ぼうとしている。だが、SD-WAN製品・サービスを画一的な評価軸で比較することはできない。WANに関する悩みは、ユーザー組織ごとに異なるからだ。

 言い換えると次のようになる。SD-WANは、「WANを見直す」きっかけと考えたい。自社のWANをあらためて見直してみて、現在のままでいいと考えるなら、SD-WAN製品・サービスを導入する必要はない。何か課題があるなら、これを最も効果的に解決してくれるような特徴を持つ製品・サービスを選べばいい。

自社のWANに課題があるかどうかを確認するためのチェックリスト

 SD-WANは、ユーザーの視点からいえば、主に次の3つの形態で提供されるようになってきた。

  • 通信事業者によるサービス
  • 通信事業者から独立した製品・サービスで、各拠点のルーターを置き換える、あるいは新規拠点へのWAN展開用ルータとして使えるもの
  • 通信事業者から独立した製品・サービスで、各拠点のルーターを必ずしも置き換えなくていいもの

 その上で、SD-WAN製品・サービスが解決を目指す課題を網羅的に並べると、次のようになる。もちろん、全てのSD-WAN製品・サービスが、下記の全てを解決あるいは改善できるわけではない。提供形態および各製品・サービスの力点によって、できることとできないことがある。下記は、自社のWANに課題があるかどうか、SD-WAN製品を考えてみる価値があるかどうかを確認するためのチェックリストとしてお考えいただきたい。

  • WAN回線サービスにコストがかかりすぎる。インターネット接続サービスの活用を含め、自社にとって最適な回線構成を考え直したい
  • WAN回線サービスのコストを抑えながら、社内ユーザーにおけるWANニーズの変化に対応したい
  • 具体的には、例えばSaaSなど、クラウドサービスの利用が急激に増加しており、従来のWAN構成では対応しきれない
  • 複数の通信事業者によるWAN回線サービスを、効率的に活用したい
  • 自社が、どのWAN接続で、どのようなアプリケーションに、どのような帯域幅を必要としているのか、あるいは期待されるアプリケーションパフォーマンスが維持できているのかが分からない。このため、WANの利用状況を可視化したい
  • WANの運用をアウトソースしており、ブラックボックス化してしまっている。少なくともユーザー組織として、ダッシュボードなどを通じ、稼働状況の確認だけは日常的に行いたい
  • 世界中に拠点があるため、WAN運用に根本的な難しさを感じている。日本で自社の国際的なWANの状況を把握し、有効な手が打てるようにしたい
  • WANのトラブルシューティングにコストと時間がかかりすぎる。社内ユーザーからの不満に対応する術がない
  • WANルーターの調達および運用にコストがかかりすぎる。あるいはWANルーターの運用・設定をアウトソースしており、設定変更のたびにコストがかかるため、機動的な運用ができない
  • 店舗などの拠点の数が多い、あるいは増減が激しい。これまで各拠点のWAN接続については、専門業者に一括委託してきたが、ガバナンスおよびセキュリティの観点から、これを自社に巻き取りたい。このため、各拠点における導入設定と一括運用が容易な仕組みが欲しい
  • 工場内の製造設備などを、安全に本社データセンターあるいはクラウドサービスにつなぎたい。そしてこの接続を確実に管理したい

 まとめると、WANの見直しにおける最大のポイントは、「自社のWANが、時代遅れになっていないか」、あるいは「ビジネスの邪魔になっていないか」ということにある。

 企業におけるWAN利用は、過去10年あまりで大きく変化した。その象徴的な存在はOffice 365だ。企業が全面的に採用するのであれば、全拠点の全社員がOffice 365を利用することになる。その時に、従来のようなWAN構成でいいのか。これが、WANを見直す出発点の1つになる。

 もう1つ付け加えるなら、WANだろうが何だろうが、柔軟性のないITインフラは、今後のITとビジネスが融合する時代についていけない。だから、大まかにいえば、今後ビジネス上どのような変化が起こったとしても、機動的に対応できる柔軟なWAN運用の仕組みを構築したいかどうかが、SD-WAN検討の究極的な分水嶺となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。