ニュース
» 2018年03月30日 12時00分 公開

カメラ映像からAIが路面性状を診断――NTTフィールドテクノが「道路路面診断ソリューション」を提供開始

NTT西日本とNTTフィールドテクノがAIを活用した「道路路面診断ソリューション」を発表。道路映像の収集から、路面性状の解析・診断、結果の可視化まで、ワンストップで提供する。道路点検作業や路面性状診断を効率化し、業務負担を低減するという。

[金澤雅子,ITmedia]

 西日本電信電話(NTT西日本)とNTTフィールドテクノは、2018年3月30日からAI(人工知能)を活用した「道路路面診断ソリューション」の提供を開始する。

 同ソリューションは、道路の路面性状に関する「データ収集」「データ解析・診断」「解析・診断結果の視える化」をワンストップで提供する。

Photo

 路面診断に関するデータは、NTTフィールドテクノが指定の道路やエリアを車で走行し、ビデオカメラやスマートフォンのカメラで撮影。一般的な車両やカメラ、スマホを利用することで、コストを抑制するとしている。

 データ分析では、独自ロジックにより「平たん性指標(IRI値:舗装の平たん性を客観的に評価する尺度)」を算出し、画像解析AIにより「ひび割れ」などを検知。路面性状の診断を自動化することで、業務を効率化できる上、従来の目視や手作業による路面点検で課題となる点検員ごとの判断のばらつきを低減するという。

 診断結果は、クラウドの地図上にマッピングして提供。道路の状況(診断結果・路面画像)を直観的に把握できる。

Photo 「平たん性」算出のイメージ
Photo 「ひび割れ」などの検出箇所のイメージ

 なお、NTT西日本グループでは、2017年11月から12月末まで、AIを活用した「道路路面診断サービス」のフィールドトライアルを実施。高価な機材や専用車両を用いる従来の手法に対するコスト優位性や、道路パトロールによる目視点検に対する効率化について検証。有用性を確認したことから、サービス提供を開始した。

 同ソリューションの提供料金は、診断距離1キロ当たり1万8000円(税別)からで、100キロ以上の診断が基本となる。100キロ未満の診断を希望する場合は、別途見積もりが必要。サービス提供窓口は、NTTフィールドテクノとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。