連載
» 2018年04月03日 05時00分 公開

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:第580話 タイムマシン

ねぇねぇ、もしタイムマシンがあったらどうする? やっぱり未来を見に行くわよね! い、いや、ボクは断然過去に……。

[小川誉久(デジタルアドバンテージ), 正木茶丸,共著]
4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」連載目次へ 構成:小川誉久
画:正木茶丸
第580話 タイムマシン (1)アドミンくんの会社での休憩時間。みんな集まっておしゃべりしている。突然に白鳥さんが質問を切り出した。 楽しそうに白鳥さん「ねぇみんな、もしタイムマシンがあったら何に使う?」 (2)真面目に回答するアドミンくん。 アドミンくん「あー、やっぱり20年後くらいの未来を見に行ってみたいですよね」 「AIとかどうなってるのかなー」(3)みんなの話を聞いていて、突然に興奮しだしたオタク中年。手に外付けハードディスクを持っている。 オタク中年「ぼ、ボクはね、この4Tbytesのハードディスクを持って30年前に行くね」 意外な答えにびっくりするみんな。 みんな「えー、なんで?」 (4)ブツブツと一人ごとを言いながら、ますます興奮して自分の世界に入ってしまうオタク中年。その異様ぶりにタジタジのみんな。 オタク中年の独り言「だって30年前っていったら20Mbytesくらいでも10万円はしたからね。とすると4Tbytesってのは20Mbytesのえーと20万倍だから、10万円の20万倍ってことは…えーとえーと…に、200億円かぁーーーーー! ぐふっ、ぐふふふー!」 みんな「大丈夫?」 (2018/04/03 公開)



●4コマまんが「がんばれ、アドミンくん!」原案募集中

 あなたのアイデアがマンガになる! →詳しくはこちらから



Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。