ニュース
» 2018年04月03日 10時50分 公開

@ITセキュリティセミナー2018.2:セキュリティ対策に新発想が求められる時代に必要な“One Policy”とは――ネットワールド

@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、ネットワールドの講演「セキュリティの新発想――数千メーカーの中から選りすぐりのソリューションを一挙にご紹介――」の内容をお伝えする。

[廣瀬治郎,@IT]
ネットワールド マーケティング本部 ソリューションマーケティング部 セキュリティソリューション課 次長 大城由希子氏

 @ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、ネットワールドの講演「セキュリティの新発想――数千メーカーの中から選りすぐりのソリューションを一挙にご紹介――」の内容をお伝えする。

 今日のマルチクラウド時代には、セキュリティレベルやポリシーが異なるパブリックサービスを、さまざまなデバイスから活用する必要がある。そうした複雑な環境に自社のセキュリティレベルやポリシーを適合するためには「“One Policy”が必要だ」と、ネットワールド マーケティング本部 ソリューションマーケティング部 セキュリティソリューション課 次長の大城由希子氏は主張する。

 “One Policy”にするための第1ステップとして仮想アプライアンス型のUTM(統合脅威管理)でクラウド側を自社環境に合わせること、第2・第3のステップとしてクラウド/オンプレミスの双方に対応し、エンドポイントやモバイルも統合できるセキュリティツールを導入することを示唆。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのソリューションを紹介した。

 また大城氏は「マルウェア追跡のいたちごっこも避けるべきだ」と主張する。

 攻撃の検知は「出口」対策にフォーカスし、内部対策はアプリケーションの「正常な動作」を守ることが重要とのことだ。大城氏は、出口対策として「RedSocks Malicious Threat Detection」を推奨。新しい内部対策として「『VMware AppDefense』と『Carbon Black』の組み合わせが期待できる」と述べた。

“One Policy”とは?(出典:ネットワールド)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。