「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年04月05日 08時00分 公開

バスロケ運行データをAIが解析:AIがバスのダイヤを作成――トラフィックブレインが自動ダイヤ改正支援システムを開発

トラフィックブレインは、バスの自動ダイヤ改正支援システム「Dia Brain」を開発した。バスロケのデータをAIで処理することで、実態に即したダイヤ修正を可能とした。

[@IT]

 トラフィックブレインは2018年4月3日、バスの自動ダイヤ改正支援システム「Dia Brain」を開発したと発表した。Dia Brainは、「バスロケーションシステム」(バスロケ)によって蓄積された運行データをAIで分析することで、早発(所定時刻よりも早く出発すること)を防ぎつつ遅れの少ないダイヤを自動生成する。両備グループのバス会社4社が、2018年4月1日以降のダイヤ改正に順次導入する。

Dia Brain(出典:トラフィックブレイン)

 Dia Brainは走行時間のばらつきや時間調整可能なバス停を考慮して、途中の通過時刻を決定する。バスロケのデータを利用することで、実態に即したダイヤ修正を可能とした。

 また同システムを導入すると、時間帯ごとの所要時間差をあらかじめダイヤに反映することができるという。トラフィックブレインでは、利用客の待ち時間や不安感を減らし、路線バスの利便性や信頼性を高められるとしている。

 試験的に先行導入した岡山電気軌道の妙善寺線岡山駅発の平日17〜18時台で効果を測定したところ、最大遅延時間(当該バスのダイヤ上の発時刻と実際の発時刻との差の全通過停留所での最大値)の平均値が8.6分から4.4分に減少したという。

Dia Brain(出典:トラフィックブレイン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。