ニュース
» 2018年04月06日 10時30分 公開

既存の「S3標準 - IA」より20%安い:AWS、「Amazon S3」の新ストレージクラス「One Zone-IA」を提供開始

AWSが発表、提供開始した「Amazon S3」の新しいストレージクラス「One Zone-Infrequent Access」は、オブジェクトを1つのアベイラビリティーゾーンに保存する低コストオプションだ。

[@IT]

 Amazon Web Services(AWS)は2018年4月4日(米国時間)、オブジェクトストレージ「Amazon S3」(Amazon Simple Storage Service)の新しいストレージクラス「One Zone-Infrequent Access(One Zone-IA)」を発表、提供開始した。

 S3 One Zone-IAは、オブジェクトを1つのアベイラビリティーゾーン(AZ)に保存するストレージクラスだ。「Amazon S3標準」クラスや「Amazon S3標準 - 低頻度アクセス(標準 - IA)」クラスでは、複数のAZでデータの耐障害性を確保する方式が採用されているが、それを必要とせず、アクセス頻度が低いデータ用の低コストなオプションを必要としているユーザー向けに設計されている。

 S3 One Zone-IAクラスでは、アクセス頻度の低いデータを1つのAZに保存することで、「S3標準 - IAクラスよりコストを20%安くすることができる」という。

アジアパシフィック(東京)におけるストレージの料金一覧(出典:AWS、2018年4月6日現在)

 S3 One Zone-IAクラスで想定されている、アクセス頻度の低いデータに関するユースケースには、オンプレミスデータのセカンダリーバックアップコピーの保存に加え、コンプライアンスやDR(災害復旧)を目的とした、他のAWSリージョンからの複製先ストレージとしての利用などが含まれている。

 1つのAmazon S3バケットにはS3 One Zone-IA、S3標準、S3標準 - IAを混在させることができる。そのため、管理者はデータの性質、データアクセスパターン、コストを基に、これらを組み合わせた使い方を決めることができ、アプリケーションに変更を加える必要はない。

 加えてS3 One Zone-IAクラスは、Amazon S3の全ての機能(S3ストレージクラス分析、S3オブジェクトのタグ付け、S3ライフサイクルポリシー、S3クロスリージョンレプリケーションなど)と統合されている。

 ユーザーはS3ライフサイクルポリシーを利用して、データの作成から時間が経過するとともに、データを自動的に、より低コストのストレージクラスに移行できる。

30日以上経過した後に、「以前のバージョン」のオブジェクトをS3 One Zone-IAクラスへ移動するライフサイクルルールを定義することが可能

 また、S3クロスリージョンレプリケーションを利用して、データを他のリージョンに複製することも可能だ。このポリシーにより、例えば、あるリージョンのS3標準クラスから別のリージョンのS3 One Zone-IAクラスへの複製を自動化することで、データ保護ニーズを満たすことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。