ニュース
» 2018年04月11日 11時30分 公開

紙文書からのデータ抽出をAIで自動化――PFU、クラウド型キャプチャーサービス「PFU Smart Capture Service」を開始

PFUが、AIを活用して紙文書や帳票からのデータ抽出を自動化するクラウドサービス「PFU Smart Capture Service(PSCS)」の販売を開始した。人手による紙文書のデジタル化で業務負担の要因となる、文書の分類、データエントリ、目視確認などをAIで自動処理する。

[金澤雅子,ITmedia]

 PFUは2018年4月11日、業務で発生するさまざまな紙文書や帳票を、AIを活用して自動的に仕分けて必要な情報を抽出するドキュメントキャプチャーサービスをクラウドで提供する「PFU Smart Capture Service(PSCS)」の販売を開始した。

 PSCSは、今回新たに開発した専用のクラウドプラットフォーム「PFU AI Capture Platform」をベースに、文書の分類、データエントリ、確認など、紙文書の電子化にまつわる作業を、ルール定義や機械学習、ディープラーニングを活用したAIで自動化する。

 PSCSでは、PFUの画像補正技術、OCR(光学式文字認識)技術、クラウドインテグレーション技術に加え、ABBYYのインテリジェントキャプチャー技術を組み合わせて、ドキュメントの取り込みから画像処理、帳票識別仕訳、OCR処理、結果確認と修正、外部ツールとのデータ連携まで、一連の処理を行う。RPA(Robotic Process Automation)などと連携したデータの有効活用も可能になる。

 帳票の種類に応じた最適なOCRエンジンを使い分けるハイブリッド型のOCR技術(特許出願中)により、認識率の向上を図っているという。

Photo 「PFU AI Capture Platform」を利用したドキュメントキャプチャー処理のイメージ

 PSCSは、2018年5月からサービス提供を開始する予定。ドキュメントキャプチャー処理を「基本サービス」として、稼働までの導入支援(環境設定、運用設定)をする「インテグレーションサービス」をセットにして提供する。

 その他、OCRでの読み取りを前提とした帳票のデザインやチューニング支援、専用サポート窓口、運用レポートなどを提供する「運用オプションサービス」も用意する。

 利用料金は、読み取り処理枚数に応じた年額定額制で、基本セットの枚数を超えた場合は「追加パック」(3000枚ごと)での提供となる。例えば、年間4万枚の処理を前提とした場合、利用料金は年間約100万円になるという。これに加え、別途、初期費用が必要となる。初期費用には、インテグレーションサービスが含まれる。

 また、導入効果の事前検証用として、1カ月1000枚までの「トライアルサービス」を無償で提供する。

Photo 「PFU Smart Capture Service(PSCS)」のサービス構成図

 サービスの組み合わせ例として、例えば経理部門の支払請求業務では「(1)事務センターで請求書(紙)をスキャン、(2)PSCSにアップロード、(3)PSCSでキャプチャー(OCR)処理して必要箇所をデータ化、(4)事務センター側から確認修正後、データを出力、(5)出力データをダウンロード、(6)RPAと連携させて、データは顧客環境の業務システムに自動入力し、支払処理を実施、(7)イメージファイリングサービスを追加することで、請求書イメージ(PDF)を顧客の業務システムから直接参照する」といった利用が可能だという。

Photo サービス組み合わせ利用例

 PFUでは、PSCSを働き方改革の実現を支援するサービス商品体系として、8つのサービスで構成する「PFU Enterprise Smart」の中核サービスに位置付けて展開する計画だ。

Photo PFUの働き方改革に向けたサービス商品体系「PFU Enterprise Smart」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。