連載
» 2018年04月18日 05時00分 公開

SQL Serverトラブルシューティング(69):別の行を参照しているのにロック待ちが発生した(処理遅延) (1/2)

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「別の行を参照しているのにロック待ちが発生した」場合の解決方法を解説します。

[椎名武史,@IT]

SQL Serverトラブルシューティング一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。

トラブル 58(カテゴリー:処理遅延):別の行を参照しているのにロック待ちが発生した

 「Windows Server 2012 R2」上に「SQL Server 2016 RTM」をインストールした環境を想定して解説します(本トラブルシューティングの対応バージョン:SQL Server 全バージョン)。

トラブルの実例トラブル39で発生したロック待ちを防ぐため、クエリで操作する範囲を最小限に修正して処理を実行していた。ある日、別部署の製品データを大規模に修正するという話が聞こえてきたが、自分が操作する製品とは別データであるため特に気にしていなかった。しかし修正時期に自分の処理を実行すると処理遅延が発生してしまった。dm_exec_requestsを実行して状況を確認してみると、statusはsuspendedになっており、wait_typeはLCK_M_ISと表示された(図1)。

図1 図1 LCK_M_ISの待ちが発生

トラブルの原因を探る

 wait_typeではLCKから始まるLCK_M_ISと表示されていたため、動的管理ビューのdm_tran_locksを使用してロックの状況を確認してみます(図2)。

図2 図2 table1に対するISのロック要求が待ちとなっていた

 通常であればデータの更新や挿入では、粒度の小さいロックリソースに対して排他ロック(X)を要求し、OBJECTなどの粒度の大きいロックリソースに対しては、粒度の小さいロックリソースの排他ロックを保有していることを示すインテント排他ロック(IX)が要求されます。

 例えば、table1の製品Aを挿入する場合、製品Aの行に対して排他ロックを要求し、table1のOBJECTにはインテント排他ロックが要求されます。その状態であれば、別のセッションがtable1の製品Bを検索したとしても、製品Bの行に対して共有ロック(S)とtable1に対してインテント共有ロック(IS)が要求されるためロック待ちは発生しません。

 なぜ今回はtable1のOBJECTに対して排他ロック(X)が保有されていたのでしょうか。パフォーマンスログから気になるカウンタを探していると、Access MethodsのTable Lock Escalations/secというカウンタ(*1)が上昇していることが確認できました(図3)。


図3 図33 Table Lock Escalations/secのカウンタに変動があった

 Table Lock Escalations/sec はロックのエスカレーション(*2)回数を示しています。通常は同時実行性を高めるため、最小限のロックを確保して処理を実行します。しかし操作対象のデータが多く、ロックの確保によりオーバーヘッドが大きくなりそうな場合は、ロックの粒度を大きくしてオーバーヘッドを減少させることがあります。この動作は一般的にロックのエスカレーションと呼ばれます。ユーザーが意図しない範囲までロックが確保されてしまうため、ロック待ちが発生し同時実効性が低下してしまうこともあります。




       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。