ニュース
» 2018年04月19日 15時23分 公開

SUSE Cloud Application Platformも認定される:IBM、Cloud FoundryをKubernetes上で動かすサービスを試験提供開始

IBMは2018年4月18日(米国時間)、米国ボストンで開幕した「Cloud Foundry Summit 2018 Boston」で、Cloud FoundryをKubernetes上で動かす「IBM Cloud Foundry Enterprise Environment」の試験提供を開始したことを明らかにした。

[三木泉,@IT]

 IBMは2018年4月18日(米国時間)、米国ボストンで開幕した「Cloud Foundry Summit 2018 Boston」で、「IBM Cloud Foundry Enterprise Environment」と呼ばれる新サービスの試験提供を開始したことを明らかにした。

 IBM Cloud Foundry Enterprise Environmentは、IBM Cloudのサービスプロダクトの1つとして提供される、Cloud Foundryサービス。最大の特徴は、Kubernetes上でCloud Foundryを動かせることにある。このため、KubernetesとCloud Foundry双方のメリットが得られるとIBMは述べている。すなわち、「cf push」に象徴される開発者にとっての使い勝手と、Kubernetesによる制御性および柔軟性の高さを両立できるとする。

 新サービスでは、Kubernetesを採用したコンテナサービスである「IBM Container Service」上に、Cloud Foundryのサービスインスタンスをデプロイし、オンデマンドで各ユーザー組織専有のCloud Foundry環境を構築できる。その後のスケーリングもオンデマンドで行えるという。

 Cloud Foundryのサービスインスタンスの管理は、当面ユーザー組織自身で行う選択肢のみだが、IBMあるいはサードパーティが運用代行する選択肢の提供も検討しているという。

 IBM Cloud Foundry Enterprise Environmentは、現時点ではあくまでも試験サービスであり、利用には事前の申し込みが必要。

 一方、SUSEは同日、「SUSE Cloud Application Platform」がCloud Foundry Foundationから、Cloud Foundry Application Runtimeディストリビューションとしての認定を受けたと発表した。SUSE Cloud Application Platformも、Kubernetes上でCloud Foundryを稼働できるようにしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。