連載
» 2018年04月20日 05時00分 公開

Visual Studio Code TIPS:VS CodeでMarkdownをプレビューするには?

Visual Studio Codeを活用するためのテクニックや、ベンリな拡張機能などを紹介する新連載がスタート! 今回はMarkdownのプレビューの方法を紹介。

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]
「Visual Studio Code TIPS」のインデックス

連載「Visual Studio Code TIPS」

 Visual Studio Code(以下、VS Code)はデフォルトでMarkdown記法を使って記述されたドキュメントをサポートしている。Markdownドキュメントをプレビューする方法を説明する。

操作 Windows/Linux macOS
サイドバイサイドにプレビューを表示 [Ctrl]+[K]→[V] [Command]+[K]→[V]
同一エディタに別タブとしてプレビューを表示 [Ctrl]+[Shift]+[V] [Shift]+[Command]+[V]
プレビューを特定ファイルにロック コマンドパレットで[Markdown: Toggle Preview Locking]を選択
Markdownのプレビューに関連するキー操作やコマンド

Markdownをサイドバイサイドにプレビューするには?

 VS Codeが標準で提供する機能を使えば、現在編集中のMarkdownをプレビューできる。一般的には次の方法を使うとよいだろう。

プレビューをサイドバイサイド(隣り合わせ)に表示

  • コマンドパレット:[Markdown: プレビューを横に表示](Markdown: Open Preview to the side)
  • キーボード:[Ctrl]+[K]→[V](Win/Linux)、[Command]+[K]→[V](macOS)

 「プレビューをサイドバイサイド(隣り合わせ)に表示」するには、プレビューしたいMarkdownを開いているエディタ(のタブ)をアクティブにして、上に示したコマンドパレットのコマンドやキー操作を行えばよい。すると、Markdownを編集しているエディタ*1とは別のエディタが隣に開き、そこにプレビューが表示される。

プレビューを隣り合わせで表示したところ プレビューを隣り合わせで表示したところ

 編集しているMarkdownとそのプレビューは基本的には同期して表示される。内容を変更すれば、それがリアルタイムにプレビューにも反映されるし、一方をスクロールすれば、それに合わせてもう一方もスクロールされる。

*1 VS Codeでは実際にファイルを開いて編集する部分を「エディタ」と呼び、そこには複数のファイルをタブ形式で表示できる。エディタは最大で3つまで並べて表示できる。個々のエディタ(とそこに開かれたファイル群)を「エディタグループ」と呼ぶこともある。


 なお、コマンドパレットやキーボードを使わずに、GUIベースで操作をするなら、Markdownファイルを開いているエディタ(タブ)の右側にある[プレビューを横に表示]ボタンをクリックしてもよい。

[プレビューを横に表示]ボタン [プレビューを横に表示]ボタン

プレビューを同じエディタの別のタブに表示するには?

 [Ctrl]+[Shift]+[V]キー(macOSでは[Command]+[Shift]+[V]キー)を押せば、同じエディタ内に別のタブとしてプレビューを表示することもできる。

同一エディタ内に別のタブとしてプレビューを表示したところ 同一エディタ内に別のタブとしてプレビューを表示したところ

 先ほどとは異なり、エディタが同じなので、隣り合わせで表示されない。ソースとなるMarkdownに移るには、コマンドパレットから[Markdown: ソースの表示]([Markdown: Show Source])コマンドを選択する。あるいは、以下のように、プレビューしているエディタ(タブ)の右端にある[ソースの表示]ボタンを利用してもよい。

[ソースの表示]ボタン [ソースの表示]ボタン

プレビューを特定のファイルにロックするには?

 複数のMarkdownを編集している場合、デフォルトでは、プレビュー用のエディタ(タブ)には、現在編集しているファイルの内容が表示される(別のファイルに切り替えれば、そのプレビューが表示される)。これを特定のファイルにロックすることもできる。これには、コマンドパレットで[Markdown: プレビュー ロックの切り替え]([Markdown: Toggle Preview Locking])コマンドを実行する。これにより、プレビューには特定のファイルの内容が常に表示されるようになる。

 以下のように、プレビューをしているエディタ(タブ)の右側にある[…]ボタンをクリックして、ポップアップメニューから[プレビュー ロックの切り替え]を選択してもよい。

[…]ボタンをクリックすると表示されるポップアップメニュー […]ボタンをクリックすると表示されるポップアップメニュー

 なお、このポップアップメニューにあるMarkdownのプレビュー関連の操作としては以下のものがある。

  • [プレビュー のセキュリティ設定を変更]:VS Codeでは安全でないコンテンツ(HTTPSを使用していない外部サイトにある画像ファイルへのリンク、スクリプトなど)を表示しないようになっている。この設定を変更するのに使用する
  • [プレビューを更新]:画像ファイルを入れ替えるなどしたので、明示的にプレビューを更新したい場合に利用する

 コマンドパレットには、これらのボタンに対応するコマンドも用意されているので、興味のある方は調べてみよう。

「Visual Studio Code TIPS」のインデックス

Visual Studio Code TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。