ニュース
» 2018年05月01日 08時00分 公開

KubernetesクラスタからGoogle Cloud Platformサービスを手軽に利用できる:Google、「Kubernetes Service Catalog」と「Service Broker」を発表

Google Cloud Platform(GCP)上のKubernetesクラスタや、オンプレミスのKubernetesクラスタからGCPサービスへの接続を容易にする「Kubernetes Service Catalog」と「Service Broker」の各β版が間もなくリリースされる。

[@IT]

 Googleは2018年4月26日(米国時間)、Google Cloud Platform(GCP)でホストされているKubernetesクラスタや、オンプレミスのKubernetesクラスタからGCPサービスへの接続を容易にする「Kubernetes Service Catalog」と「Google Cloud Platform Service Broker」の各β版を間もなく提供開始すると発表した。

 Kubernetes Service Catalogは、Kubernetesで利用できるGCPサービスを一覧表示する。Google Cloud Platform Service Brokerは、各種GCPサービスに接続するホステッドサービスだ。この2つのサービスは、「Kubernetes Catalog SIG」と「Open Service Broker API」に基づいている。

 Kubernetes Service Catalogを使用するには、既存のKubernetesクラスタか、「Google Kubernetes Engine」クラスタにインストールする。すると、Kubernetes Service CatalogはService Brokerを使って、「Cloud Pub/Sub」「Google Cloud Storage」「BigQuery」「Cloud SQL」といったGCPサービスへのアクセスを提供する。

 この設計により、ユーザーは使い慣れた環境(コマンドラインツールの「kubectl」など)を使ってサービスインスタンスを作成し、それらに接続できる。また、2つのコマンドでサービスインスタンスを作成し、アプリケーションがリソースにアクセスできるようにするためのセキュリティポリシーを設定することも可能だ。サービスの作成や管理の方法を知らなくても、アプリケーションでサービスを利用できる。

Kubernetes Service Catalog(出典:Google)

 Kubernetes Service CatalogとService BrokerはオープンソースAPIに基づいており、ユーザーは、充実したエコシステムを持つサービスをアプリケーションに取り入れることができる。オープンソースのPaaS「Cloud Foundry」や他の環境向けのブローカーが既に提供されている。

 「Kubernetes Service CatalogとService Brokerのβ版のリリースにより、ユーザーは、目指す処理に必要なサービスの利用に集中できる。サービスの作成方法を習得する手間が省け、サービスの実行に必要なインフラも気にせずに済む」と、Googleは説明している。

 「Google Cloud Console」のUIで数日以内にKubernetes Service Catalogのサポートが開始される。またGoogleは今後、Service Brokerでより多くのGCPサービスに接続できるようにするとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。