ニュース
» 2018年05月09日 08時00分 公開

Web Performerの関連3製品を新たなプラットフォームとして刷新:Webアプリ自動生成ツール「Web Performer」を刷新、AWS Elastic Beanstalkに自動展開可能に――キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer V2.2」の販売を開始した。設計情報を登録後、そのまま開発画面でテストシナリオを作成したり、テストを実行したりできるようにした他、開発したWebアプリケーションを、直接AWS Elastic Beanstalkに自動展開できるようにした。

[@IT]

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2018年5月8日、Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer V2.2」の販売を開始した。Web Performerは、直感的な操作によってWebアプリケーションを自動生成する開発ツール。Web Performer V2.2では、「テストの自動実行機能」や、「Amazon Web Services(AWS)への自動展開機能」を備えた。

 Web Performer V2.2は、設計情報を登録後、開発画面のままテストシナリオを作成したり、テストを実行したりすることが可能だ。テストシナリオとWeb Performerでの開発内容を対で管理することで、作成したテストシナリオを回帰テストとして資産化できる。

 キヤノンITSでは、機能追加などを繰り返すたびに開発を効率化でき、時間のかかる工程の省力化や高速化が図れるとしている。それにより、ユーザーと開発者間の要件定義に、より多くの時間を割けられるという。

 またWeb Performer V2.2は、開発したWebアプリケーションを、直接「AWS Elastic Beanstalk」に自動展開できる。これにより、設計からテスト実行、展開までの開発の全行程を自動化できる。AWS Elastic BeanstalkにデプロイしたWebアプリケーションは、負荷分散や自動拡張、状態監視といった運用作業も自動処理する。

 なおキヤノンITSは、Web Performer V2.2の販売開始に伴い、AWS Elastic Beanstalkの開発環境を構築し、本番リリース後の運用を支援するサービスの提供も開始した。また、Web Performerとユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」、エンタープライズワークフロー「Web PerformerWf+」の3製品を「Web Performerオートメーションプラットフォーム」として刷新した。同社は、同プラットフォームによって、システム開発の自動化を促進するとともに、業務運用を効率化させ、業務システムを素早く開発できるソリューションを提供するという。

Web Performerオートメーションプラットフォーム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。