ニュース
» 2018年05月10日 16時30分 公開

“ICT×歌舞伎”で歌舞伎役者と3D映像が共演、京都南座を皮切りに全国公演――NTTと松竹が商用公演で提携

NTTと松竹は、歌舞伎役者と3D映像の共演など、ICTを活用した新たな歌舞伎を公演に取り入れる。京都四條南座での講演を皮切りに、開催する劇場を拡大する。

[金澤雅子,ITmedia]

 NTTと松竹は2018年5月9日、ICTを活用した新たな歌舞伎の商用公演(興行)などを共同で実施することで業務提携に合意したと発表した。

 両社は2016年以降、離れた場所でも目の前で演じているかのような歌舞伎映像を鑑賞できる「歌舞伎シアターバーチャル座」や、リアルとバーチャルが融合した世界初の歌舞伎舞踊「京結夢現連獅子(みやこむすびゆめのれんじし)」など、ICTの活用による新たな歌舞伎鑑賞の実現を目指した共同実験を行ってきた。

Photo 2018年3月10日には、福島県福島市で東日本大震災復興祈願公演として、「歌舞伎シアターバーチャル座 in 福島」を開催(画像出典:松竹)

 今回はこの取り組みをさらに進め、ICT活用を有料の歌舞伎公演などに取り入れることで、集客力や事業性の向上を図り、新たなエンターテインメントビジネスの実現を目指す。

 松竹の京都四條南座が大規模改修工事を経て2018年11月に新開場するのに合わせ、南座を皮切りに、2019〜2021年の3年間、開催する劇場を順次拡大していく。

 NTTのイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」などを活用して、歌舞伎俳優と3D映像を共演させるなど、新たな手法で歌舞伎の楽しみ方を広げ、若い世代や訪日客を視野に、マーケットの開拓につなげていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。