ニュース
» 2018年05月16日 13時00分 公開

「覚えやすさ」と「セキュリティ」が目玉:Google Registryが登録管理を行う新gTLD「.app」、ドメインの一般登録が可能に

Google Registryが登録管理業務を行う新gTLD「.app」のドメインの一般登録が可能になった。.appドメインを使うことで「セキュリティ対策が施されたサイト」と示すことができる。

[@IT]

 Googleは2018年5月14日(米国時間)、Google Registryが登録管理業務を行う新gTLD(分野別トップレベルドメイン)「.app」の一般登録が可能になったと発表した。

 .appは2018年5月1日に発表された、アプリケーションやアプリケーション開発者向けのドメインで、セキュリティ対策が施されたサイトのドメインとして管理されている。Googleは、アプリケーションの提供元とそのユーザーにとっての.appドメインのメリットとして、セキュリティを挙げている。.appドメインの特徴は、全ての.app Webサイトについて、HTTPSを必須としていることだ。これは広告マルウェアのブロックやオープンWi-Fiネットワーク上での傍受の防止などに役立つ。

 Googleは、モバイルアプリを提供している場合を含めて、独自のドメインを持つことにメリットがあると述べ、その理由を次のように説明している。

 「覚えやすい.appドメインを持てば、アプリを見つけてもらったり、アプリについて知ってもらったりしやすい。例えば新しい独自ドメインをランディングページにして、信頼できるダウンロードリンクや、最新情報、インアプリコンテンツのディープリンクなどを提供できる」

 Googleは「get.app」サイトを開設し、.appドメインの短い解説や、.appドメインを使用している企業の概要情報とサイトのリンク、希望する.appドメイン名が使えるかどうかのチェック機能を提供するとともに、.appドメインを登録するためのレジストラを選択できるようにしている。

「get.app」サイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。