連載
» 2018年05月18日 05時00分 公開

Visual Studio Code TIPS:VS Codeで表示言語を変更するには

VS CodeのGUI表示で使われる表示言語を切り替える方法を解説。また、言語パック拡張機能のインストールについても取り上げる。

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]
「Visual Studio Code TIPS」のインデックス

連載「Visual Studio Code TIPS」

 Visual Studio Code(以下、VS Code)ではGUIなどの表示に使用する言語を変更できる(デフォルトではOSレベルで設定されている表示言語設定に従う)。設定にはlocal.jsonファイルを記述するか、VS Code起動時にコマンドライン引数で指定する。

変更方法 操作
表示言語を定常的に変更する locale.jsonファイルのlocale項目を変更する
表示言語を一時的に変更する --localeオプションを指定して、VS Codeを起動する
VS Codeの表示言語の変更方法

 また、VS Codeを使っていると、「近い将来、VS Codeはマーケットプレイスの拡張機能のみをサポートします。……」といったメッセージが表示されることがある。これについては以下のコラム「言語パックのインストール」を参照されたい。

定常的に変更する

 表示言語を構成するには、[Ctrl]+[Shift]+[P]キー(Windows/Linux。macOSでは[Shift]+[Command]+[P]キー)を押して、コマンドパレットを表示し、「config」や「language」などと入力してから[言語を構成する]([Configure Language])を選択する。

コマンドパレットから[言語を構成する]項目を選択 コマンドパレットから[言語を構成する]項目を選択

 これにより、エディタにlocale.jsonファイルが開かれるので、そこにあるlocale項目に表示言語として使用する言語を指定すればよい(settings.jsonファイルはユーザー設定を保存するsettings.jsonファイルと同じ場所に保存される。例えば、Windowsなら「%APPDATA%\Code\User\locale.json」=「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Code\User\locale.json」などとなる)。例えば、以下は表示言語を英語(en)に変更しているところだ。

locale項目を設定しているところ locale項目を設定しているところ

 locale.jsonファイルを編集したら、VS Codeを再起動すれば、表示言語が切り替わる。

表示言語を英語として、VS Codeが再起動された 表示言語を英語として、VS Codeが再起動された

 設定可能な値については「Display Language」を参照されたい。

一時的に変更する

 一時的にVS Codeの表示言語を切り替えるのであれば、コマンドライン(コマンドプロンプトや各種のシェル)から「--locale」オプションを指定して、VS Codeを起動するのが簡単だ。

 VS Codeを起動する「code」に続けて、「--locale <表示言語のロケール>」を指定してやればよい。例えば、日本語を表示言語とするのであれば、「code --locale ja」となる。英語に切り替えたければ、「code --locale en」となる。

 なお、既に何らかの言語(例えば、日本語)を表示言語としてVS Codeを起動している状況で、さらに--localeオプションに別の言語を指定して、VS Codeのウィンドウを別に起動すると、メニューバーなどの表示は先に起動していたVS Codeの言語設定を引きずる。その一方で、VS Codeのアクティビティーバー、サイドバー、コマンドパレットなどの表示には指定した言語が使われる。以下に例を示す。

2つの表示言語を使って、VS Code(のセッション)を2つ起動したところ 2つの表示言語を使って、VS Code(のセッション)を2つ起動したところ

 上の画像では、背後にあるVS Codeではメニューバーや[エクスプローラー]ビュー、[ようこそ]タブが日本語表示になっている。前景にあるVS Codeはメニューバーの表示が日本語になっていることを除けば、全面英語表示となっている。コマンドプロンプトでは「code -locale en -new-window」を実行して、後者のVS Codeセッションを起動している。

言語パックのインストール

 VS Code 1.23などで表示言語を英語以外にして使っていると、次のような通知が行われるかもしれない。

言語パックのインストールを促すメッセージ 言語パックのインストールを促すメッセージ

 現在のVS Codeは、日本語や英語など、10の言語をデフォルトで(VS Code本体が)サポートしている。これが将来的には、VS Code本体での英語以外の言語サポートは取り除かれ、他の表示言語のサポートについては「言語パック」と呼ばれる拡張機能として提供される予定になっている(詳細については「Marketplace Language Packs」を参照されたい)。上のメッセージは、このことを知らせ、今の段階から言語パックをインストールするように促すメッセージである。これから先も現在使用している表示言語でVS Codeを使い続けるのであれば、素直に言語パックをインストールしておこう。

 [インストール]ボタンを押せば、サイドバーに[拡張機能]ビューが開かれると同時に、言語パックのインストールが行われる。

日本語言語パックをインストールしたところ 日本語言語パックをインストールしたところ

 後は[再読み込み]ボタンをクリックして、VS Codeのウィンドウを再読み込みすればよい。



 VS Codeはデフォルトで、OSレベルで設定されているロケールに沿った言語を利用して、表示言語を設定している。これが自分の好みと異なるような場合には、今回説明した方法でVS Codeの表示言語をカスタマイズしよう。

「Visual Studio Code TIPS」のインデックス

Visual Studio Code TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。