連載
» 2018年06月19日 05時00分 公開

人気連載まとめ読み! @IT eBook(41):「経営に寄与する」インフラ運用の在り方とは? SREに学ぶ情シスの新しい役割

人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第41弾は「情シスに求められる『SRE』という新たな役割」だ。IT活用の在り方がビジネスの差別化要素となっている中で、インフラ運用者にはどのような役割の変革が求められているのか、その具体像をまとめた。

[編集部,@IT]

「サーバは動いていても、サービスは止まっている」では意味がない

@IT eBookシリーズ Vol.41『情シスに求められる『SRE』という新たな役割』(画像クリックでeBookを表示)

 デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、ビジネスは「いかにより良い体験価値を提供するか」というソフトウェアの戦いに変容している。特に市場環境変化の先を見通すことが難しい中では、ニーズの変化をいち早く察知し、スピーディーに開発・改善できることがビジネス差別化の重要なカギを握ることから、アジャイル開発やDevOpsを実践する企業も着実に増えている。

 だが問題は、「早く作ること」だけではない。本番環境にデプロイした後、エンドユーザーが快適に使えなければ、サービスやサービスを提供している企業へのロイヤルティ、信頼性は大幅に低下してしまう。安定運用できても、機能や使い勝手、パフォーマンスを改善し続けなければ顧客は離れてしまう。「サーバは動いていてもサービスは止まっている」では意味がない。迅速な開発・改善も重要だが、その後の運用においても「エンドユーザーが快適に使えているか」という観点を一貫して担保することが、ビジネス差別化に不可欠なスタンスとなるのだ。

 こうした中、日本国内でも2016年ごろから注目され始めたのが、Googleが提唱した「SRE」――Site Reliability Engineer「サイト信頼性エンジニア」という概念だ。Webサービス企業にとって顧客接点となる「サイトの信頼性向上のために、運用自動化、障害対応、パフォーマンス管理、可用性担保などを通じて、収益・ブランドを支える役割」となる。

 本来的には“Webサービス系企業におけるITサービス運用管理の役割”ではあるが、ビジネスゴールを見据えて主体的に運用管理を行うSREの視点、スタンスは、「経営への寄与」が強く求められている情シスの新しい役割、運用管理の在り方を考える上で大いに参考になるはずだ。ぜひダウンロードして“経営に寄与する”ことの具体像をつかむためのヒントとしてほしい。

電子ブックレットダウンロードボタン_atmarkit_ebook41_sre

※@IT eBookシリーズについてはこちらをご覧ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。