ニュース
» 2018年06月22日 08時00分 公開

自動UIテストのスクリプトを簡単に作成できる:Microsoft、オープンソースの自動UIテストスクリプトツール「WinAppDriver UI Recorder」を公開

Microsoftは、Windows 10対応のUI自動化サービス「WinAppDriver」の新しいオープンソーステストスクリプトツール「WinAppDriver UI Recorder」を公開した。

[@IT]

 Microsoftは2018年6月20日(米国時間)、「Windows Application Driver」(WinAppDriver)コミュニティー向けの新しいオープンソースツール「WinAppDriver UI Recorder」(以下、UI Recorder)の公開を発表した。UI Recorderは、自動化されたUI(ユーザーインタフェース)テストのスクリプトを簡単に作成できるツールだ。

 WinAppDriverは、アプリケーションのテストに利用できるWindows 10対応のUI自動化サービス。WinAppDriverコミュニティーの多くの人にとって、UI要素を選択してその属性データを表示するための最も一般的なツールは、「Inspect」だった。だが、Inspectは、アクセシビリティーデータの表示という目的にはかなっているものの、UI自動化シナリオのサポート(XPathクエリの生成など)に関して立ち遅れている。

 UI Recorderは、こうしたInspectの短所を解消し、ツールの代替を目指している。UI Recorderの最初のリリースでは、以下の重要シナリオに対応できる。

  • UI要素を検査し、XPathクエリを生成する
  • 「Record」(記録)がアクティブなときに、特定のアクション(マウスクリックなど)のC#コードを生成する。生成されたコードは、「UI Recorder Template」フォルダに貼り付けられ、WinAppDriverで再生可能

WinAppDriver UI Recorderの使用

 UI Recorderのコードは、オープンソースで公開されており、WinAppDriverのGitHubリポジトリから入手できる。ビルドとコンパイルは「Visual Studio 2017」で行うことが推奨されている。コンパイルしたら、すぐに使い始められる。

 また、ZIP圧縮された実行可能ファイルも、同リポジトリの「Releases」セクションで入手できる。

 UI Recorderは、シンプルで直感的なUIの提供を目指しており、以下のように2つのパネルに分かれている。

UI Recorder(出典:Microsoft)

 UI Recorderは、アプリケーションインタフェースに対するキーボードとマウスの操作(UIアクション)を追跡する。「Record」がアクティブなときは、新しいUIアクションが行われるたびに、両方のパネルでさまざまなUI要素情報が動的に更新される。

 上のパネルは、現在選択されているUI要素のXPathクエリを表示し、下のパネルは、同じ要素のXML情報を表示する。下のパネルの「C# Code」タブに移動すると、記録されたアクションをC#コードで表示できる。WinAppDriverでのテストで、このコードを使用できる。

アクションの記録プロセスの例(出典:Microsoft)

 記録されたコードはクリップボードにコピーし、UI Recorderのテンプレートプロジェクトに貼り付け、再生できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。